Column

ホーム » コラム » 創業明治40年の伝統と技で染め上げる藍染のれんのオーダーメイド

創業明治40年の伝統と技で染め上げる藍染のれんのオーダーメイド


創業明治40年の伝統と技で染め上げる藍染のれんのオーダーメイド

奥深い風合いと日本らしい雰囲気を持つ藍染の「のれん」。
古くから紺・藍色は手堅さを身上とした商家が使うイメージが強く、お店の「顔」として藍染のれんは親しまれてきました。

今回は、創業明治40年の伝統と技で染めあげる水野染工場の「のれん」のオーダーメイドについてご紹介します。

藍染のれんのオーダーメイドについて

創業明治40年の伝統と技で染めあげる水野染工場の藍染のれんは、お好みのサイズ、仕様、色や柄の指定が可能な特注オーダーメイド。

かける場所に合わせてぴったりサイズで注文できる上に、熟練職人の手染めの商品となるため、世界に1つだけの藍染のれんだと言っても過言ではありません。

伝統的な藍染技法でしか表現できない独特の風合いはもちろんのこと、古くから酒造業、蕎麦屋、呉服商などの多くが、藍の持つ消臭効果や虫よけ効果を利用していたことから、藍染のれんは現在でも飲食店などのお店の「顔」としておすすめです。

藍染ののれん生地の選び方

天然繊維(綿、麻、絹)100%の生地は藍と相性が良く、色濃度の幅も豊富で、ほとんどのものが綺麗に染まります。
また再生繊維(レーヨン)も、パルプを主原料としているため、染まりが良いです。

しかし、化学/化合繊維(ポリエステル、ナイロン等)は性質によっては染まりやすい、染まりにくい、染まらないと様々です。
染められても色の付着が弱いため、色落ちしやすかったり、くすんだ色になったりしますので、あまりお奨めはできません。

のれんの仕立て・加工

藍染のれんは、引染のれんと同じようにチチ仕立て・袋仕立て共に対応できます。
ご希望があれば特殊な仕立て等も対応致しますので、オーダーの際にご相談下さい。

また、防炎加工も可能ですが、一度お洗濯されるとその効果が落ちてしましますので、ご注意ください。

藍染のれんのオーダー手順

藍染のれんのオーダー手順

次に、藍染のれんのオーダーメイド手順についてご紹介します。

オーダー手順 1:お問い合わせ

こちらの「お問い合わせ・お見積り」より、下記の内容を選択・ご入力ください。
  • サイズ・寸法
  • デザイン(文字・色数・・・等)
  • 仕立て方
  • 生地
  • 竹竿・のれん棒
  • 仕立て方
お問い合わせ・お見積もりは、メールフォーム以外にもFAX・お電話でも承っております。

オーダー手順 2:お見積り

お問い合わせメールを確認後、弊社担当者よりご連絡いたします。
メールの内容をもとに、ご希望のサイズ・デザイン等の詳細についてお打ち合わせさせていただきます。

オーダー手順 3:出来上がりイメージの確認

あくまでも手染め・手絞り製品である事をご理解いただいた上で、藍染のれんの出来上がりイメージをご確認お願いいたします。

オーダー手順 4:お支払い

お見積金額のお支払確認後に製作に移ります。

オーダー手順 5:のれん製作

お支払い確認後に、藍染のれんの製作に取り掛かります。
創業明治40年の伝統と技で大切に染めあげますので、納品まで楽しみにお待ちください。

無料でお見積り・構成・デザインをご案内させていただきます。
ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

藍染のれんオーダーメイド製作事例

藍染のれんの、いくつか事例をご紹介します。
藍染のれんオーダーメイド製作事例

上記画像の3点は、名入れを施していない絞り染になります。
サイズは、左から縦寸97cm×横寸92cm(割れ巾=3枚巾)、縦寸140cm×横寸80cm(割れ巾=2枚巾)、縦寸60cm×横寸92cm(割れ巾=3枚巾)です。


伝統的な藍染をもっと近くに

伝統的な藍染製品を取り扱う水野染工場「日比谷オクロジ店」
- 世界中を、感動で染める -
水野染工場では印染商品を中心に、図案から染色、縫製までを一貫して制作。様々な伝統技法を用いて、お客様の「想い」に寄り添う商品をひとつひとつ、心を込めて染め上げます。

日比谷オクロジ店

水野染工場「日比谷オクロジ店」では、手ぬぐい、半纏、旗・・・など、フルオーダー製品のお悩みやご不安な点などを、直接ご相談いただけます。
また、各種藍染製品、染物体験(予約制)などもご用意しておりますので、ぜひ染物をお手に取ってご体感ください。
    水野染工場「日比谷オクロジ店」
  • 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目7-1 JR高架下
  • ・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・東京メトロ銀座駅 徒歩6分
  • ・東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
  • ・都営地下鉄内幸町駅 徒歩5分

藍で人と自然を結び、藍で人と人が繋がり、藍で楽しむ

藍染体験ができる「藍染結の杜」
- 世界中が、藍を楽しむ -
自然豊かな美瑛町で、原料となる藍の栽培から藍染を行い、人と自然を藍で結びたい。そして美瑛町の景色にある美瑛ブルーと藍染の色合いが重なり合い、伝統的な美しさを新しいカタチで表現していきます。

藍染結の杜

藍染結の杜には、藍染体験(予約制)、各種藍染製品のショップ、藍茶が飲めるカフェがあります。
北海道美瑛町の絶景を一望できる丘が敷地内にあり、写真スポットとしてもお勧めです。
<
    藍染結の杜(あいぞめゆいのもり)
  • 〒071-0474 北海道上川郡美瑛町字拓進(拓真館前)
  • ・JR美瑛駅から車で約15分、レンタサイクルで約40分​
  • ・旭川空港から車で約30分
  • ・JR旭川駅前から車で約45分

各種印染製品のオーダーメイドについて

水野染工場では、半纏(法被)、暖簾、大漁旗、幟、社旗、旗(フラッグ)など、各種印染製品のオーダーメイドを承っております。
>>商品一覧を見る
オーダーメイドに関するご相談は下記よりお願いいたします。

関連商品・おすすめ商品

コラムを商品別で探す