Column

ホーム » コラム » 七夕の由来とは?日本の伝統工芸で彩るおすすめの七夕飾り

七夕の由来とは?日本の伝統工芸で彩るおすすめの七夕飾り


七夕の由来とは?日本の伝統工芸で彩るおすすめの七夕飾り

7月7日の夜に、願い事を書いた短冊を笹に吊るして星に願う「七夕」。
子供から大人まで誰もが知っている七夕の風習ですが、その七夕の由来や歴史を知っている方は少ないかもしれません。そこで今回は、七夕の由来となった3つの風習とともに、日本の伝統的な染物で作った七夕飾りをご紹介します。

七夕の由来と歴史

「七夕」は、毎年7月7日の夜に、願い事を書いた短冊や色とりどりの飾りを笹の葉に吊るして、星に祈りを捧げるのが一般的ですが、実は、日本で古くから行われている「五節句」と呼ばれる行事の一つです。

【五節句】

1月7日 人日(じんじつ)

3月3日 上巳(じょうし)

5月5日 端午(たんご)

7月7日 七夕(しちせき)

9月9日 重陽(ちょうよう)

この五節句は、中国の陰陽五行説を由来としており、日本に伝わったのは奈良時代頃で、江戸時代には公的行事とされていたこともあるそうです。

七夕は、「たなばた」または「しちせき」とも呼ばれ、公的行事としての制度が廃止された現代においても、季節の行事として7月7日の夜に星を祭る習慣が受け継がれています。

関連記事:「端午の節句の由来と歴史 鯉のぼりだけじゃない節句飾りの種類とは?」

七夕の由来は3つの風習が混ざったもの!?

七夕の由来は3つの風習が合わさったもの!?

七夕の由来には諸説ありますが、有名なのは、日本の「棚機(たなばた)」という行事、中国発祥の「牛郎織女(ぎゅろうしゅくじょ)」という物語、そして「乞巧奠 (きっこうでん)」という中国の行事の3つが混ざったものだという説です。

日本の行事も混ざってはいますが、詳しくは知らないという方も多いと思いますので、ここでそれぞれ詳しくご紹介します。

棚機(たなばた)

棚機とは、古くに日本で行われていた秋の豊作を祈願するための行事で、当時、棚機津女(たなばたつめ)と呼ばれる女性たちが織った着物を神様にお供えしていたそうです。

その際に使われる着物は、人々の中から選ばれた女性が棚機津女として機屋(はたや)で織るのですが、その織り機の名前が「棚機(たなばた)」と呼ばれていたそうです。

その後、時代が流れ、棚機は毎年7月7日の夜に行われるようになり、現在では、五節句の一つである「七夕(たなばた)」という当て字になったと言われています。

織姫と彦星の伝説

織姫と彦星の伝説は日本でも有名ですが、もともとは中国の牛郎織女(ぎゅろうしゅくじょ)という物語由来となっています。

天帝の娘「織女」は、とても働き者で美しい“はた”を織るのが得意でした。ある時、天帝は身なりにも気を遣わずに働き続ける娘を不憫に思い、同じように働き者で牛飼いの「彦星」に引き合わせたところ、二人は恋に落ち、結婚することになりました。

ところが、働き者だった織姫と彦星は、結婚してから全く仕事をしなくなってしまい、怒った天帝が天の川を隔てて二人を引き離しました。

しかし悲しみに暮れた二人は、働くどころかどんどんボロボロになっていったため、困った天帝が、真面目に働くことを条件に年に一度の七夕の夜にだけ二人が会うことを許した…というのが一般的に知られているストーリーとなっています。

乞巧奠 (きっこうでん)

乞巧奠 (きっこうでん)とは、織姫にあやかって女性が機織(はたおり)などの手芸や裁縫が上達することを願う中国の季節行事です。

日本には奈良時代頃に伝わったとされていますが、もともと手芸や裁縫などの針仕事の上達を願っていたものが、技巧や芸能などの上達祈願も加わり、民間人にも広まったとされています。

七夕を彩る日本の伝統染物

古くから七夕の夜を彩る短冊や吹き流し、紙衣などの伝統的な七夕飾り。

より一層、七夕の雰囲気を楽しむなら、その七夕飾りに日本の伝統技術を使った染物を加えてみてはいかがでしょうか?ここでは創業明治40年の水野染工場がおすすめする七夕飾りをご紹介します。

七夕フラッグ

七夕フラッグ

七夕をイメージして、かわいい織姫と短冊がデザインされたオリジナルフラッグです。

壁などに貼るだけで七夕の雰囲気作りができる上に、布製なので七夕が終わってからも収納しやすいのが魅力的。

こちらの七夕フラッグは、職人が分散昇華染で染め上げている本格派のフラッグですが、ご要望に合わせて名入れ(文字入れ)も可能。お子様のお名前を入れて記念にしてみてはいかがでしょうか?

七夕フラッグのサイズは、お部屋に飾りやすい70×105cm~140×210cmがおすすめです。

七夕フラッグのお問い合わせはこちら

手ぬぐい「織姫彦星伝説」

手ぬぐい「織姫彦星伝説

夏の夜空を連想するような明るめのブルーに、織姫と彦星の七夕伝説が描かれたこちらの手ぬぐい。

もし、7月7日があいにくの天気で星空を見ることができない場合でも、持っているだけで七夕の気分を味わうことができるのが魅力の一枚です。

こちらの手ぬぐいは、さらっとしつつも柔らかな風合いの特岡(綿生地)を使用し、手捺染と呼ばれる染色方法で染め上げています。

横幅も100cmと使い勝手のよいサイズなので、手ぬぐいとして使うだけでなく、フラッグの様にお部屋に飾ることもできるのでおすすめです。

「織姫彦星伝説」手ぬぐいのお問い合わせはこちら(染の安坊 楽天市場店)

※染の安坊は、当社グループ会社です。

ユニフォームベア

七夕ユニフォームベア

こちらは七夕にちなんで織姫と彦星風の衣装を着せたユニフォームベア。

対(ペア)で飾ると、織姫と彦星のかわいらしい雰囲気が出るほか、場所もあまり取らないので七夕飾りとしておすすめです。

こちらのユニフォームベアは、1体から製作を承っていますので、毎年、七夕の季節に飾ってみてはいかがでしょうか?

ユニフォームベアの詳細はこちら

伝統的な藍染をもっと近くに

伝統的な藍染製品を取り扱う水野染工場「日比谷オクロジ店」
- 世界中を、感動で染める -
水野染工場では印染商品を中心に、図案から染色、縫製までを一貫して制作。様々な伝統技法を用いて、お客様の「想い」に寄り添う商品をひとつひとつ、心を込めて染め上げます。

日比谷オクロジ店

水野染工場「日比谷オクロジ店」では、手ぬぐい、半纏、旗・・・など、フルオーダー製品のお悩みやご不安な点などを、直接ご相談いただけます。
また、各種藍染製品、染物体験(予約制)などもご用意しておりますので、ぜひ染物をお手に取ってご体感ください。
    水野染工場「日比谷オクロジ店」
  • 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目7-1 JR高架下
  • ・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・東京メトロ銀座駅 徒歩6分
  • ・東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
  • ・都営地下鉄内幸町駅 徒歩5分

藍で人と自然を結び、藍で人と人が繋がり、藍で楽しむ

藍染体験ができる「藍染結の杜」
- 世界中が、藍を楽しむ -
自然豊かな美瑛町で、原料となる藍の栽培から藍染を行い、人と自然を藍で結びたい。そして美瑛町の景色にある美瑛ブルーと藍染の色合いが重なり合い、伝統的な美しさを新しいカタチで表現していきます。

藍染結の杜

藍染結の杜には、藍染体験(予約制)、各種藍染製品のショップ、藍茶が飲めるカフェがあります。
北海道美瑛町の絶景を一望できる丘が敷地内にあり、写真スポットとしてもお勧めです。
<
    藍染結の杜(あいぞめゆいのもり)
  • 〒071-0474 北海道上川郡美瑛町字拓進(拓真館前)
  • ・JR美瑛駅から車で約15分、レンタサイクルで約40分​
  • ・旭川空港から車で約30分
  • ・JR旭川駅前から車で約45分

各種印染製品のオーダーメイドについて

水野染工場では、半纏(法被)、暖簾、大漁旗、幟、社旗、旗(フラッグ)など、各種印染製品のオーダーメイドを承っております。
>>商品一覧を見る
オーダーメイドに関するご相談は下記よりお願いいたします。

関連商品・おすすめ商品

コラムを商品別で探す