Column

ホーム » コラム » 風除け…虫送り…?夏祭りが持つ本来の意味と由来とは?

風除け…虫送り…?夏祭りが持つ本来の意味と由来とは?


alt="夏祭りが持つ本来の意味と由来"

古くから日本の文化として根付いている様々な夏祭り。

花火や屋台などの出店で賑やかに過ごすイメージがありますが、実は夏祭りには、古くから人々が込めた願いや意味があるのをご存じでしょうか?

そこで今回は、夏祭りを行う意味や由来と共に、一度は行ってみたい日本の有名なお祭りをご紹介します。

夏祭りの由来と本来の意味とは?

日本各地で夏の間に行われる夏祭りですが、もともと夏祭りの多くは、稲を食い荒らす害虫や台風を追い払うことを祈願して行われたのが始まりだと言われています。

また、昔は現代のように衣食住が整っておらず、特に人の多い都市部では、梅雨から夏にかけては疫病が流行りやすい季節だったこともあり、疫病退散や厄除けの意味を込めて神様に祈願し始めたのがきっかけとなった夏祭りも。

他にも、先祖を供養するための盆踊りや、七夕などの行事に由来した祭りなど、農耕民族としての習慣や地域の事情などによって、夏祭りには様々な意味や想いが込められています。

夏祭りだけじゃない!季節ごとに異なる祭りの意味

夏祭りには、「風除け」や「虫送り」、「疫病退散」や「厄除け」などの意味を込めた祭りが多いですが、実は、四季がある日本では、季節によって祭りが持つ意味もそれぞれ異なります。

例えば、田植えの季節である春には、豊作を祈願する祭りが全国各地で行われます。その後、収穫の時期となった秋に行われるのは、感謝の意味を込めた祭り。そして、冬には収穫後の田畑に感謝をし、新しい年に向けて穢れを落とすための祭りなど、日本の祭りは四季の移り変わりと農耕文化を反映した祭りが、今もなお受け継がれています。

日本の代表的な夏祭り5選

日本の代表的な夏祭り

日本の文化にしっかりと根付いている夏祭りですが、その祭りの内容も特徴も様々であるため、それぞれ一度は体験してみたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、日本を代表する夏祭りにはどんなものがあるのかまとめてみました。

青森ねぶた祭(青森県)

国の重要無形民俗文化財にも指定されている「青森ねぶた祭」。

起源には諸説ありますが、七夕祭りに行われる灯篭流しが変化した祭りだとも言われており、色鮮やかな武者人形の山車や「跳人(はねと)」と呼ばれる踊り子たちの威勢のいい「ラッセラー、ラッセラー」という掛け声が印象的な日本を代表する夏祭りです。

仙台七夕まつり(宮城県)

伊達政宗公の時代より続く「仙台七夕まつり」。

青森ねぶた祭、秋田竿灯まつりと並んで東北三大祭りと呼ばれており、仙台市内全域が七夕飾りで華やかに彩られているのが特徴的な夏祭りです。

祇園祭(京都府)

京都の八坂神社を中心に1ヶ月に渡って行われる「祇園祭」。

日本三大祭りの一つで、疫神や死者の怨霊などを鎮めるために行われていた御霊会(ごりょうえ)が起源だとされています。

祇園祭の一番の見どころは、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている山鉾巡行。「コンチキチン」という祇園囃子と共に、豪華絢爛な山鉾と呼ばれる山車(だし)が京都の町を巡行する様子は、京都の夏の風物詩ともなっています。

阿波踊り(徳島県)

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃそんそん」の祭り囃子が有名な「阿波踊り」。

阿波踊りは、日本三大盆踊りの一つで、400年以上の歴史を持つ伝統芸能でもあります。全国各地で行われていますが、中でも日本最大規模を誇るのが徳島市の阿波踊りです。

阿波踊りの期間中は、徳島市全体が祭り一緒になり、昼も夜も踊り続けるのが印象的な夏祭りです。

よさこい祭り(高知県)

高知市で行われるよさこい祭りは、鳴子(なるこ)を持った踊り子たちがよさこい鳴子踊りを舞いながら市内を踊り歩くにぎやかなお祭りです。

よさこい祭りと言えば、色彩豊かな衣装が特徴的で、伝統的な着物や法被だけでなく、カラフルにデザインされた衣装を見るだけでも楽しいお祭りです。

日本の伝統技術で夏祭りを彩るなら

古くから日本人に愛されてきた夏祭りを楽しむなら、伝統的な染色技術で染め上げた衣装や小物を使って、粋で華やかな雰囲気を演出してみてはいかがでしょうか?

そこで、創業明治40年の水野染工場が夏祭りにぴったりのおすすめ製品をご紹介します。

法被・半纏

 法被・半纏

夏祭りの衣装と言えば、まず思い浮かべるのが法被・半纏です。

法被・半纏には、気軽なお祭り用のものから神事などで使う本格派のもの、太鼓用や神輿用など、用途に合わせて様々なものがありますが、熟練の職人が伝統的な染色技術で染め上げた法被・半纏を着て祭りに参加すると、粋でこなれた雰囲気を演出することができるため、ぜひ夏祭りの衣装として取り入れてみてはいかがでしょうか?

夏祭りの際に、法被・半纏にあわせるインナーや小物などの衣装については、こちらの「祭りの衣装と言えば?本格的な装いで楽しむには法被・半纏以外にどんなアイテムが必要?(※公開後リンク挿入)」でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

法被・半纏の詳細はこちら

よさこい衣装

 半纏の種類:長半纏

夏祭りの中でも、よさこい節に合わせて風に舞う色鮮やかな色彩が特徴的なよさこい衣装。

水野染工場の専属デザイナーが作り上げる色鮮やかなよさこい衣装を着用することで、チームの個性や存在感を際立たせ、踊りや舞をワンランク上に引き上げます。

よさこい衣装の詳細はこちら

鯉口シャツ

鯉口シャツ

夏祭りの法被・半纏のインナーとして着用することが多い鯉口シャツ。

こちらの鯉口シャツは、祭りの暑い時期でも快適に過ごせる綿生地なので、さらっとした着心地で普段使いもできる優れもの。夏祭りに出かける際は、法被・半纏のインナーとして使うだけでなく、Tシャツとジーパンの上に羽織るなどして、自分なりの和風コーディネートを楽しむこともできます。

鯉口シャツのセミオーダー詳細はこちら

手ぬぐい

 手ぬぐい

夏祭りに欠かせないものと言えば、手ぬぐいです。

夏祭りで神輿を担ぐ際などには、ハチマキとして頭に巻くだけでなく、「くわがた」「喧嘩被り」「道中被り」など、粋な被り方が色々あるため、衣装とあわせた柄やデザインの手ぬぐいを皆で揃えると、より一層、一体感を演出することができます。

また、神輿などを担がない場合も、汗拭きとしてや首に巻いて日焼け対策にするなど、夏は活躍のシーンが多いため、ぜひお気に入りの一枚を準備してみてはいかがでしょうか?

手ぬぐいのオーダーメイドは5枚から承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

手ぬぐいオーダーメイドの詳細はこちら

伝統的な藍染をもっと近くに

伝統的な藍染製品を取り扱う水野染工場「日比谷オクロジ店」
- 世界中を、感動で染める -
水野染工場では印染商品を中心に、図案から染色、縫製までを一貫して制作。様々な伝統技法を用いて、お客様の「想い」に寄り添う商品をひとつひとつ、心を込めて染め上げます。

日比谷オクロジ店

水野染工場「日比谷オクロジ店」では、手ぬぐい、半纏、旗・・・など、フルオーダー製品のお悩みやご不安な点などを、直接ご相談いただけます。
また、各種藍染製品、染物体験(予約制)などもご用意しておりますので、ぜひ染物をお手に取ってご体感ください。
    水野染工場「日比谷オクロジ店」
  • 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目7-1 JR高架下
  • ・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・東京メトロ銀座駅 徒歩6分
  • ・東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
  • ・都営地下鉄内幸町駅 徒歩5分

藍で人と自然を結び、藍で人と人が繋がり、藍で楽しむ

藍染体験ができる「藍染結の杜」
- 世界中が、藍を楽しむ -
自然豊かな美瑛町で、原料となる藍の栽培から藍染を行い、人と自然を藍で結びたい。そして美瑛町の景色にある美瑛ブルーと藍染の色合いが重なり合い、伝統的な美しさを新しいカタチで表現していきます。

藍染結の杜

藍染結の杜には、藍染体験(予約制)、各種藍染製品のショップ、藍茶が飲めるカフェがあります。
北海道美瑛町の絶景を一望できる丘が敷地内にあり、写真スポットとしてもお勧めです。
<
    藍染結の杜(あいぞめゆいのもり)
  • 〒071-0474 北海道上川郡美瑛町字拓進(拓真館前)
  • ・JR美瑛駅から車で約15分、レンタサイクルで約40分​
  • ・旭川空港から車で約30分
  • ・JR旭川駅前から車で約45分

各種印染製品のオーダーメイドについて

水野染工場では、半纏(法被)、暖簾、大漁旗、幟、社旗、旗(フラッグ)など、各種印染製品のオーダーメイドを承っております。
>>商品一覧を見る
オーダーメイドに関するご相談は下記よりお願いいたします。

関連商品・おすすめ商品

コラムを商品別で探す