Column

ホーム » コラム » 半纏の歴史や由来は?祭りとの関係性は?

半纏の歴史や由来は?祭りとの関係性は?


半纏の歴史や由来は?祭りとの関係性は?

日本の伝統文化である祭りの衣装、半纏。

そんな半纏の歴史がいつから始まったのか、どうして祭りで着用されるようになったのか、皆さんはご存じでしょうか?
今回は、そんな半纏の歴史について明治40年創業の水野染工場がご紹介します。

江戸時代から始まる半纏の歴史

半纏の歴史の始まりは江戸時代。

もともとは江戸時代の上流階級の身分の人だけが法被(はっぴ)の着用を認められていたのですが、庶民にまで流行したため、武家と一般庶民の身分をはっきりさせるために羽織禁止令が発令。
そこで法令を犯さないように、庶民向けに半纏が作られたと言われています。

その頃から、半纏は広く着用されるようになり、中でも大工などの職人や火消し、販売員などの肉体労働者が着る制服・ユニフォームとして世に普及していきました。

その当時から半纏の背には、どこに所属しているかがすぐに判別できるように、家紋や団体名などを入れて作られ、現在に至るまで、その文化はしっかりと引き継がれています。

いろいろな半纏

いろいろな半纏
江戸時代から始まった半纏の歴史ですが、その流れの中で、様々な種類の半纏が生まれました。
そこで、具体的にどのような半纏があるのか、ご紹介していきます。

職人半纏

職人半纏は、大工や造園業などの職人がユニフォームとして着用する半纏です。
背紋に会社のロゴマークや団体名を入れていることから「印半纏」とも言われています。

祭り半纏

祭り半纏はその名の通り、祭りやイベント、店舗での販売など、多彩なシーンで活躍する半纏です。

長半纏

長半纏は、他の半纏と比べて着丈が長い半纏で、よさこい祭りなどの踊り衣装としてや、ステージ衣装としても使われています。

神輿半纏・御輿半纏

御輿半纏は、神事などで御神輿を担ぐ際に使われる半纏です。

消防半纏・火消し半纏

消防半纏・火消し半纏は各地の消防団が古くは江戸時代から消防活動の際に、各消防団を区別する為に着用し、消火活動に使用していた半纏になります。
現在では、実際の消火活動では使用する事はほとんどなくなりましたが、消防イベントや出初式などにはなくてはならない半纏となっております。

防寒着としての綿入れ半纏

半纏は、祭りやイベントだけでなく職人などのユニフォームとして着用されていますが、多くの人が「半纏」と聞いて思い浮かべるのは、中に綿の入った「綿入れ半纏」の方かもしれません。

実は、その綿入れ半纏の歴史も、始まりは江戸時代から。

主に庶民の日常着として、江戸時代後期から防寒用に着用されるようになったと言われており、表地と裏地の間に綿を入れていることから布団のような保温性を持ち、現代でも、冬の室内用の防寒着として重宝されています。

祭りで半纏を着る理由

祭りやイベントなどで着用されることの多い半纏ですが、どうして祭りの衣装として半纏を着るようになったのかご存じでしょうか?

その理由には諸説ありますが、もとは祭りの中心的な役割を担っていた人が半纏を着ていたことから浸透していったと言われています

江戸時代の職人や火消しなどが、その頃広くユニフォームとして着用されていた半纏を着たまま祭りを取り仕切り、それが周囲にも浸透。祭りでの正装として、代々受け継がれていった…というのが有力な説です。

祭りで半纏を着る理由

半纏?法被?祭りの歴史から読み解く関係

もしかしたら、この記事をお読みの方の中に「祭りで着るのは法被(はっぴ)じゃないの?」と思われている方もいるかもしれません。

実は、「法被」と「半纏」の違いについては諸説ありますが、江戸時代末期から区別がなくなったと言われており、現代において「半纏」と呼ぶか「法被」と呼ぶかについては、地域差が関係してきます。

例えば、本格的な神事などで使われる衣装の場合、静岡県の大井川を境として神輿を担ぐ東側の地域は「半纏」、山車を引く西側の地域は「法被」と呼ばれることが多いです。

東側が神輿を担ぐ=半纏
西側が山車を引く=法被

ではなぜ、一般的に祭りと言えば「法被」の方を思い浮かべる人が多いのかというと、それは昭和45年に開催された大阪万博に起因します。

実は日本の祭りは、明治維新とともに政府より発せられた「神仏分離令」によってその多くが失われていったのですが、終戦後に再び祭りの伝統を受け継いだ人々によって、日本各地で徐々に復興されるようになりました。

そして徐々に祭りの人気が復活してきた昭和40年代頃に開催された大阪万博で、イベント用として「法被」を大々的に用いた事をきっかけに、世間一般に祭りやイベントで着用するのは「法被」だというイメージが定着したのです。

現在では、祭りだけでなく企業やお店のイベントなどでも「法被」と呼ばれ着用される事が多いことから、神事以外の祭りやイベントなどでは、「法被」、「半纏」と言うと、中に綿の入っている「綿入れ半纏」をイメージする人が多いかもしれません。

尚、水野染工場では「法被=半纏」とさせていただいております。詳細はこちらの「半纏と法被の違いについて」 をご確認ください。

職人が一点一点丁寧に製作する法被(はっぴ)や半纏(はんてん)、帯などの小物についての詳細はこちらの「半纏・法被」ページをご参照ください。

伝統的な藍染をもっと近くに

伝統的な藍染製品を取り扱う水野染工場「日比谷オクロジ店」
- 世界中を、感動で染める -
水野染工場では印染商品を中心に、図案から染色、縫製までを一貫して制作。様々な伝統技法を用いて、お客様の「想い」に寄り添う商品をひとつひとつ、心を込めて染め上げます。

実店舗のご案内

水野染工場「日比谷オクロジ店」では、手ぬぐい、半纏、旗・・・など、フルオーダー製品のお悩みやご不安な点などを、直接ご相談いただけます。
また、各種藍染製品、染物体験(予約制)などもご用意しておりますので、ぜひ染物をお手に取ってご体感ください。
    水野染工場「日比谷オクロジ店」
  • 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目7-1 JR高架下
  • ・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・東京メトロ銀座駅 徒歩6分
  • ・東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
  • ・都営地下鉄内幸町駅 徒歩5分

各種印染製品のオーダーメイドについて

水野染工場では、半纏(法被)、暖簾、大漁旗、幟、社旗、旗(フラッグ)など、各種印染製品のオーダーメイドを承っております。
>>商品一覧を見る
オーダーメイドに関するご相談は下記よりお願いいたします。

関連商品・おすすめ商品

コラムを商品別で探す