Column

ホーム » コラム » 「法被」と「半被」の違いは? 漢字で見るはっぴの由来と歴史

「法被」と「半被」の違いは? 漢字で見るはっぴの由来と歴史


「法被」と「半被」の違いは? 漢字で見るはっぴの由来と歴史

職人が仕事着として着たり、祭りで神輿を担ぐ人が着たりするはっぴですが、漢字で書くと、「法被」や「半被」などの表記があります。

これらに何か違いはあるのか、またどうして「はっぴ」という呼び方になったのか。
今回は、はっぴの漢字の違いやその歴史についてご紹介したいと思います。


はっぴの漢字と呼び方の由来

はっぴの漢字と呼び方の由来
はっぴには「半被」と「法被」の2種類の漢字があります。
つまり、漢字は違うけど、これらは同義語とされています。

みなさんもご存じのとおり、同じ読み方なのに漢字が違う…というのは、ほかにもたくさんあります。
例えば、エビは「海老」と「蝦」、タマゴは「卵」と「玉子」と書くように、そのものの状態によって同じ物なのに漢字が変わるとされています。

またはっぴと呼ばれるようになったのは、もともとは、古代の袖なしの胴衣「はんぴ(貴族階級の衣服の一種)」が由来。「はんぴ」が変化し、「はっぴ」となったといわれています。

漢字の成り立ち

【法被】
高僧が座る椅子の背もたれに掛ける布のことを「法被(はっぴ)」といい、はっぴと同様の字を書きます。ただ、衣服の法被と全く関連がないことから、単なる当て字とみられています。

【半被】
「半被」の字は、法被が当て字として用いられた以降、半纏と掛け合わせて作られた当て字だそうで、つまり当て字の当て字。丈が短く「半端」だったから…という説もあります。

そもそも「半纏(はんてん)」と「法被(はっぴ)」の違いとは?

「半纏」と「法被」、はっぴの漢字の違いとは?
「半纏」と「法被」の違いは、衣服の歴史的な観点から色々な諸説があります。
その歴史ははっきりしないのですが、江戸時代末期から、区別がなくなっているようです。

また、神輿を担ぐ地域は「半纏」、山車を引く地域は「法被」と呼ぶ地域性も。
無病息災や豊作祈願など、夏祭りはこうした神様を鎮めるために行われている神事ですが、神輿と山車では以下のような違いがあります。

【神輿・御輿】・・・担ぎ棒を人々が担ぐもの
【山車・祭屋台・鉾】・・・台車、車輪があり人々が引き綱を引っ張るもの

静岡県の大井川の辺りで蕎麦屋とうどん屋の件数が逆転するのですが、その大井川 辺りから祭りの文化も変わります。

東側が神輿を担ぐ=半纏
西側が山車を引く=法被

こうして地域によっても呼び方に違いが見受けられます。

そもそも法被は江戸時代に武家社会から生まれ、背中に家紋を大きく染め抜いたもので、襟を返して着用していたもので、本来の法被は胸紐つきの単(ひとえ)だったようです。

当時、本来の法被は一般庶民にまで流行しましたが、その後、武家と一般庶民の身分をはっきりさせるため、一般庶民に羽織禁止令が出てしまいました。

襟を返す羽織や法被の代わりに、「襟を返さないで着用する法被」が庶民の間で普及したのです。
このときを境に、法被と半纏の混同が始まったようです。

半纏はもともと、江戸時代の庶民を中心に日常生活で着用された防寒着で、現在の「綿入れ半纏・どてら」を指すもの。

「綿入れ半纏・どてら」と「印半纏」は、基本的には全く違う用途と文化がありますが、「法被=印半纏」というのが、現在の一般的見解のようです。

つまり、水野染工場で製作している半纏は、いわゆる「法被」であり、「印半纏」です。
弊社では「法被=半纏」とさせていただいております。


職人が一点一点丁寧に製作する法被(はっぴ)や半纏(はんてん)、帯などの小物についての詳細はこちらの「半纏・法被」ページをご参照ください。

伝統的な藍染をもっと近くに

伝統的な藍染製品を取り扱う水野染工場「日比谷オクロジ店」
- 世界中を、感動で染める -
水野染工場では印染商品を中心に、図案から染色、縫製までを一貫して制作。様々な伝統技法を用いて、お客様の「想い」に寄り添う商品をひとつひとつ、心を込めて染め上げます。

実店舗のご案内

水野染工場「日比谷オクロジ店」では、手ぬぐい、半纏、旗・・・など、フルオーダー製品のお悩みやご不安な点などを、直接ご相談いただけます。
また、各種藍染製品、染物体験(予約制)などもご用意しておりますので、ぜひ染物をお手に取ってご体感ください。
    水野染工場「日比谷オクロジ店」
  • 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目7-1 JR高架下
  • ・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・東京メトロ銀座駅 徒歩6分
  • ・東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
  • ・都営地下鉄内幸町駅 徒歩5分

各種印染製品のオーダーメイドについて

水野染工場では、半纏(法被)、暖簾、大漁旗、幟、社旗、旗(フラッグ)など、各種印染製品のオーダーメイドを承っております。
>>商品一覧を見る
オーダーメイドに関するご相談は下記よりお願いいたします。

関連商品・おすすめ商品

コラムを商品別で探す