Column

ホーム » コラム » 法被・半纏の正しい着方と粋に着こなすコーデ術

法被・半纏の正しい着方と粋に着こなすコーデ術


法被・半纏の正しい着方と粋に着こなすコーデ術

洋服の上からさらっとそのまま羽織るだけで、誰でも簡単にコーデが完成する法被や半纏。

もちろんそのままでも充分ですが、初めてお祭りに参加をする方の中には「どうやって法被を着ればよいか分からない」という方も。

今回は、基本の正しい法被の着方や、粋に着こなすためのコーデのアレンジ方法を解説いたします。


法被・半纏コーデの基本

法被・半纏コーデの基本
法被は着方や合わせるものによって印象がグッと変わります。
インナーやボトムを選び、全身コーデすることで、粋な雰囲気を演出することができます。

法被の中に何を着ればよいか分からない場合は、まずこちらの基本の着方を参考にしてみてください。

インナー

神事の場合(地域によって違いはあります)、半纏や法被の下に着るインナーとしては、鯉口シャツやダボシャツと腹掛けの着用が一般的なコーデになります。
お祭りやイベントの場合は、Tシャツやタンクトップなどを合わせるコーデも。

ボトム

神事の場合(地域によって違いはあります)、股引や半股引き、ダボパンツの着用が一般的なコーデになります。
祭りやイベントの場合は、ジーンズやスエット等の動きやすい服装でのコーデもOKです。

法被・半纏コーデにプラスしたい小物

少しの工夫で、着こなしに差が出る法被コーデや半纏コーデ。
そんな全身コーデに加えたい、ワンポイントアイテムをご紹介します。

帯(角帯/兵児帯など)

法被・半纏コーデにプラスしたい小物、帯(角帯/兵児帯など)
帯を締めることで法被がはだけることが少ないので、お祭りで激しく動いたり、踊りを踊ったりする場合にもおすすめの帯。

法被の色に合わせてコーデの差し色にもなり、同系色でまとめる事で統一感が出て会やチームの団結力を表す事ができます。

帯の種類や締め方については、過去の記事「はっぴ帯の種類や代表的な帯の締め方とは?」でもご紹介しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

ハチマキ

法被・半纏コーデにプラスしたい小物、ハチマキ
町内会や振興会から配られた手ぬぐいがあれば、ハチマキとして頭にかぶったり、きゅっと結んだりすることで粋な雰囲気に。

ハチマキも帯と同様、法被の色に合わせて差し色的にコーデすることができ、同系色でまとめる事で会やチームに統一感が生まれます。

結び方も「くわがた」や「喧嘩結び」、かぶり方も「喧嘩かぶり」「道中かぶと」と様々な方法があり、使い方によって印象を変えて楽しむことができます。

結び方については、HP内にある「手ぬぐいの巻き方・かぶり方」で詳しくご紹介しているので、参考にしてみてください。

足袋・雪駄

法被・半纏のコーデにプラスしたい小物、足袋・雪駄
日本各地では伝統的なお祭りが残っていますが、こうしたお祭りでは足袋や雪駄を履いている姿を目にします。

全身コーデをするなら、足元からの印象を変える事ができる足袋や雪駄。
色も白や黒、紺などの定番色から、柄物などがあり、個性豊かな着こなしができます。

木札や小物入れなど

法被・半纏のコーデにプラスしたい小物 木札や小物入れなど
個性を出す為の特別なアイテムとして、名入れをした木札や小物入れなどで、コーデにアクセントを加える事ができます。

木札とは、名前などを木に彫って、お守りとして祭礼の時に付ける(写真のように首からぶら下げる)もの。

小物入れも肩掛けタイプのポーチから、腰下げ巾着などさまざまな種類があります。
コーデのアクセントになるだけでなく、身の回りのものを持ち歩くにも便利なアイテムです。

法被・半纏コーデにおけるマナー

法被・半纏コーデにおけるマナー
法被や半纏のコーデを楽しむ際は、きちんとマナーを守って着用することが大事です。
では一体、どういったマナーがあるのでしょうか。

例えば神事の場合は、肌の露出を控えなければなりません。
中に鯉口シャツ・股引きを着用するのが基本的なマナーとなっています。

また、帯を締める際は、衿の「上前」と「下前」を間違えない事。
洋服だと男女の違いで着方が異なる場合もありますが、法被は性別や年齢関係なくみんな同じです。

向かって右が上にくるように衿を重ねるのが基本で、これを和装用語で「上前(右前)」といいます。
自分から見た時、左衿が上に着ている状態が正解です。

これらの正しい法被の着方をマスターして、全身コーデを楽しみましょう。
また、法被や半纏について分からないことがありましたら、いつでもご相談ください。

関連ページ:「半纏・法被について

伝統的な藍染をもっと近くに

伝統的な藍染製品を取り扱う水野染工場「日比谷オクロジ店」
- 世界中を、感動で染める -
水野染工場では印染商品を中心に、図案から染色、縫製までを一貫して制作。様々な伝統技法を用いて、お客様の「想い」に寄り添う商品をひとつひとつ、心を込めて染め上げます。

実店舗のご案内

水野染工場「日比谷オクロジ店」では、手ぬぐい、半纏、旗・・・など、フルオーダー製品のお悩みやご不安な点などを、直接ご相談いただけます。
また、各種藍染製品、染物体験(予約制)などもご用意しておりますので、ぜひ染物をお手に取ってご体感ください。
    水野染工場「日比谷オクロジ店」
  • 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目7-1 JR高架下
  • ・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・東京メトロ銀座駅 徒歩6分
  • ・東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
  • ・都営地下鉄内幸町駅 徒歩5分

各種印染製品のオーダーメイドについて

水野染工場では、半纏(法被)、暖簾、大漁旗、幟、社旗、旗(フラッグ)など、各種印染製品のオーダーメイドを承っております。
>>商品一覧を見る
オーダーメイドに関するご相談は下記よりお願いいたします。

関連商品・おすすめ商品

コラムを商品別で探す