Column

ホーム » コラム » 武者のぼりとは?節句を祝うのぼりの歴史と由来

武者のぼりとは?節句を祝うのぼりの歴史と由来


武者のぼりとは?節句を祝うのぼりの歴史と由来

強く勇ましい姿の戦国武将や鯉の滝登りなどの絵柄が印象的な「武者のぼり」ですが、意外とその由来は知られていないかもしれません。

そこで今回は、武者のぼりの由来や代表的な絵柄と共に、武者のぼりを作る際のポイントについてご紹介します。

武者のぼりとは?

武者のぼりは「武者絵のぼり」や「節句のぼり」とも呼ばれ、家紋と力強い武者の様子を絵柄として使っているのが特徴の“幟旗(のぼりばた)”のことです。

主に甲州・中部地方、九州地方の風習の一つで、男児の誕生を祝い、5月の端午の節句で子供の健やかな成長を願って庭先などに掲げられます。

武者のぼりの用途は、端午の節句の飾りとして使われることが多いですが、他にも、武者のぼりの絵柄を用いて店舗などの広告のぼりとしてや、七五三などのお子様のセレモニーの機会に使われることもあります。

武者のぼりの歴史と由来

 武者のぼりの歴史と由来

諸説ありますが、武者のぼりは鎌倉時代の武士の軍旗である「旗指物(はたさしもの)」に由来していると言われています。

その軍旗である旗指物を男の子の健康や出世を願って飾るようになったのは、江戸時代に入ってから。

初めは武家の風習として端午の節句の際に外飾りとして屋外に立てて飾っていたのですが、それが一般庶民の間にも広がり、五月人形や鯉のぼりのように男児の節句を祝うための風習の一環となりました。

定番は戦国武将 武者のぼりの代表的な絵柄とは?

武者のぼりのデザインに使われるのは、家紋や武者の絵柄がメインとなりますが、他にも、波柄や成長を願う鯉、また多幸を願う七福神や日本古来の霊峰富士山などが多く描かれることもあります。

【武者のぼりで使われる代表的な絵柄例】

  • 戦国武将
  • 鯉の滝登り
  • 七福神
  • 富士山
  • 波柄
  • 家紋

特に名だたる戦国武将がいる地域などでは、強く勇敢に育ってほしいとの願いを込めて、その武将を絵柄に使って掲げることも多々あります。

江戸時代の武者のぼりと比較すると、現代の武者のぼりは染色方法も素材も多様化され、染料も色鮮やかな物が多く出回っているため、より鮮やかで緻密なデザインの武者のぼりが多くなっており、5月の端午の節句の時期には屋外で鮮やかで荘厳な武者のぼりを見ることができます。

武者のぼりの生地・サイズ・染色方法

武者のぼりは、初節句のお祝いや誕生の贈り物としても人気の製品ですが、いざ作ろうと思っても、どんな武者のぼりを作れば良いかわからないという方も少なくありません。

そこで、創業明治40年の水野染工場がおすすめする武者のぼりオーダー時のポイントについてご紹介します。

絵柄・デザイン

武者のぼりの絵柄例

歴史的人物を勇ましく染め抜いた「豊臣秀吉五将乱舞」などの戦国武将の絵柄から、お子様の出世を願い急流の滝を登る鯉が天まで昇って龍になると言われている「登竜門」を描いた絵柄など、地域の名将や込めたい願いなどに合わせて選ぶのが良いでしょう。

水野染工場の武者のぼりはお好みの絵柄に合わせて、名前や家紋などの名入れも1枚からオーダー可能です。また、オプションで刺繍の名入れなどもご相談いただけます。

武者のぼりデザイン一覧はこちら

染色方法

水野染工場では、ナッセンジャーによる本染めと、分散昇華染による化繊染色で武者のぼりを制作しております。
生地やデザインに合わせて、最適な染色方法で武者のぼりを染め上げます。

生地

肌ざわりや通気性の良いオックスフォードや、サメ肌のような表面でありつつも柔らかい肌触りのシャークスキンなど、綿生地から化繊生地まで多様にご用意。
使用する場所やデザインの細かさ・サイズなどによって適した生地をお選びいただけます。

サイズ

水野染工場の武者のぼりの標準サイズは、大・中・手ぬぐいサイズの3種類となっております。

武者のぼりの標準サイズ 寸法
縦360× 横60cm
縦180× 横45c
手ぬぐい 縦120× 横35cm

屋外の庭などに飾る場合は大サイズ、玄関やベランダに飾る場合は中サイズ、五月人形と一緒に室内に飾るなら手ぬぐいサイズをおすすめしています。

また、上記の標準サイズ以外にも、ご希望のサイズでも制作可能です。

武者のぼり制作事例

こちらは、横70㎝縦360㎝の武者のぼり。
ナッセンジャーによる本染めを使っており、シャークスキンという広巾綿生地を使用しております。

健康と出世を願う武者のぼり

江戸時代から受け継がれてきた端午の節句飾りである「武者のぼり」。

武者のぼりは、昔から甲州・九州・中部地方で一般的に飾られてきたものですが、現代でも初節句のお祝いや誕生の贈り物としてもおすすめの製品となっております。

強くたくましい武将の姿にお子様の健やかな成長の願いを込めて、オリジナルの武者のぼりを作ってみませんか?

武者のぼりのご注文・ご相談はこちらから

伝統的な藍染をもっと近くに

伝統的な藍染製品を取り扱う水野染工場「日比谷オクロジ店」
- 世界中を、感動で染める -
水野染工場では印染商品を中心に、図案から染色、縫製までを一貫して制作。様々な伝統技法を用いて、お客様の「想い」に寄り添う商品をひとつひとつ、心を込めて染め上げます。

日比谷オクロジ店

水野染工場「日比谷オクロジ店」は2店舗あり、1号店では藍染体験やリメイクを、2号店では手ぬぐいや藍染アイテムを販売をしています。手ぬぐい、のれん、半纏・法被、旗など、印染製品のオーダーメイドを直接ご相談いただけます。
ぜひ染物をお手に取ってご体感ください。
    水野染工場「日比谷オクロジ店」
  • 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目7-1 JR高架下
  • ・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・東京メトロ銀座駅 徒歩6分
  • ・東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
  • ・都営地下鉄内幸町駅 徒歩5分

藍で人と自然を結び、藍で人と人が繋がり、藍で楽しむ

藍染体験ができる「藍染結の杜」
- 世界中が、藍を楽しむ -
自然豊かな美瑛町で、原料となる藍の栽培から藍染を行い、人と自然を藍で結びたい。そして美瑛町の景色にある美瑛ブルーと藍染の色合いが重なり合い、伝統的な美しさを新しいカタチで表現していきます。

藍染結の杜

藍染結の杜には、藍染体験(予約制)、各種藍染製品のショップ、藍茶が飲めるカフェがあります。
北海道美瑛町の絶景を一望できる丘が敷地内にあり、写真スポットとしてもお勧めです。
<
    藍染結の杜(あいぞめゆいのもり)
  • 〒071-0474 北海道上川郡美瑛町字拓進(拓真館前)
  • ・JR美瑛駅から車で約15分、レンタサイクルで約40分​
  • ・旭川空港から車で約30分
  • ・JR旭川駅前から車で約45分

各種印染製品のオーダーメイドについて

水野染工場では、半纏(法被)、暖簾、大漁旗、幟、社旗、旗(フラッグ)など、各種印染製品のオーダーメイドを承っております。
>>商品一覧を見る
オーダーメイドに関するご相談は下記よりお願いいたします。

関連商品・おすすめ商品

コラムを商品別で探す