Column

ホーム » コラム » 日本が誇る染物文化 多様な染色技法やその歴史とは

日本が誇る染物文化 多様な染色技法やその歴史とは


日本が誇る染物文化 多様な染色技法やその歴史とは

日本が誇る伝統文化の一つである染物。

染物とは、古くから用いられた技法であり、今日でも手工芸品や各地の民族衣装などに使用され、代表的なものとしては、日本古来の民族衣装の「着物」や「半纏」、お店の顔ともいわれる「暖簾」や「幟」、さらに様々な国や会社を示す「国旗」や「社旗」など、必ずと言っていいほど身の回りに溢れています。

そこで今回は、古くから日本人に親しまれ、多くの職人と多様な染色技術によって今日まで受け継がれてきた日本の染物の種類や染色技法、染料などについてご紹介します。


染物・染色の歴史

染色の歴史はかなり古くから始まっており、縄文時代の遺跡から染色された織物が発掘されていることから、日本では既にその頃から染色が行なわれていたと考えられています。

当時の染色方法は原始的で、草花や木の皮、土などを直接生地に乗せて摺りつけて染めるという方法だったと言われています。

その後、奈良時代には大陸から染色技術が伝えられ、現在の絞り染め・臈纈染・板締にあたる模様染めが行なわれるようになり、日本でも本格的な染色が始まることとなりました。

さらに染色技術が飛躍的に発展し、庶民の間にも染物文化が浸透していったのは江戸時代に入ってから。
戦がなくなったことや、木綿の生産量が増えたこと、また型染めという同じ柄を生産できる技術ができたことなどを起因として、庶民の間でも染物製品が広まり、おしゃれとしても楽しまれるようになっていきました。

そして明治時代には、イギリスなどから化学染料が輸入されるようになり、染物業界も変革の時を迎えます。
化学染料は天然染料より色数が多く鮮やかな発色が可能で、しかも安価、生産量も安定していることから、急速に世間に普及していったのです。

日本の伝統的な染物

日本の伝統的な染物
一般的に「染物」とは白生地を織ったあとに、染料で染めたものを指しますが、染物は生地をただ染色するだけではなく、模様や色の濃淡で柄を表現するため、様々な技法が存在します。

では、その様々な技法を使ってどのような種類の染物ができるのか、日本の伝統的な染物の種類をまとめてみます。

友禅染め

友禅染めは、職人が布の上に絵を描くように多彩な色で表現する有名な染色技法の一つです。

友禅染にも種類があり、京都で作られるものを「京友禅(きょうゆうぜん)」、石川県の金沢で作られるものを「加賀友禅(かがゆうぜん)」、東京で作られるものを「東京友禅(とうきょうゆうぜん)」と言います。

江戸小紋

江戸時代、諸大名が正装として着用した裃(かみしも)の染めに由来する江戸小紋。
基本的には単色で、型紙を使って染めるのが特徴です。

更紗染め

更紗染めは、インドが起源とされている文様染め。
沢山の型紙を使い刷毛で染料をのせながら模様を作りあげていく技法です。

琉球紅型染め

琉球紅型染めは、南国特有の色鮮やかな色彩が目を引く、沖縄県に古くから伝わる伝統的な染物。
琉球王国時代、主に貴族の衣装として染められていたものが始まりと言われており、現在では伝統的な琉球衣装や、お土産物屋さんに並ぶ小物などで見ることができます。

有松・鳴海絞り

有松・鳴海絞りは、愛知県有松・鳴海地方で栄えた絞り染め技法です。
手ぬぐいの「板締め豆絞り」の始まりといわれており、様々な糸のくくり技法やその組み合わせ、雪花絞りなどによる多彩な模様など、その模様の豊富さは世界一と言われています。

草木染め

草木染めは、植物の葉、花、皮や昆虫などから色味を抽出する天然素材を染料として浸染などで染める技法です。
身近な草花を使って染色できることもあり、自宅で手軽に楽しむことができる染物です。
染物の種類については、こちらの「日本の伝統的な染物と染色技法の種類について」で詳しくご紹介しています。

染物に使う二種類の染料

染物に使う二種類の染料
染物に使う染料の材料には、「天然染料」と「化学染料」の2種類があります。
原料が異なることはもちろん、それぞれに特徴や良さがあり、適した染物へと使用しています。

天然染料

天然染料はそである動植物、鉱物など天然資材が原料となっている染料です。

主な原料としては、サボテンに寄生するエンジ虫や貝紫などの動物由来のものと、藍・茜・紅花・クチナシ・ニンジン・赤キャベツ・紫根・ウコンなどの植物由来のものがあります。

天然染料は、染物の仕上がりの調整が難しかったり、工程に時間がかかったりしますが、天然ならではの色や風合いはどこか人を惹き付ける魅力があります。

また、自然由来の原料なので、安全性が高く、環境にも優しいのが特徴です。
さらに藍染の染料として使われる藍などには、抗菌や防虫効果などがあるのも、化学染料にはないメリットの一つです。

化学染料

化学染料は輸入品が多く、低コストで量産できるのが特徴です。工業的に作られていることから、染料の質が安定しており、色の調整が比較的容易にできます。

化学染料は、1869年にアリザリン(茜の色素)、1880年にはインディゴ(藍の色素)の合成が成功。ベンゼン・タールなどを原料とし、現代に至るまで数多くの化学染料が生み出されてきました。

生地によって染料の種類は変わるものの、天然染料と比較すると、化学染料は比較的どんな生地でも染まりやすく、彩度、明度色相の高いものにも適しています。

染物の染色技法

染物の染色技法
染物と聞くと、生地を染料に浸して染めるというイメージを持つ方が多いと思いますが、実は、染色の技法は他にも様々なものがあります。

硫化染め

綿素材などセルロース繊維に使われる染め方で、黒・紺・緑・鼠などと、色数は限定されます。
硫化ナトリウムを溶液に加えて使用する化学的な染料を使用する技法です。

注染

注染は、生地を畳みながら防染糊を型付けしていき、染料を上から注ぎ込むことからその名が付けられました。
染料をかけ合わせることによってグラデーションなどの模様を出すことに優れ、主に浴衣や手ぬぐいの染色に用いられる技法です。

顔料捺染

顔料捺染は、固着剤を使い、繊維の表面に顔料を付着させてデザインを表現する技法です。
企業の名入れタオルや、横断幕や幟(のぼり)など、多くの布製品に使われています。

昇華転写

ポリエステル生地の染色に使われる分散染料を応用し、気化しやすい昇華タイプのものを使用してデザインを生地に染み込ませていく技法です。
Tシャツや帽子などの布製品のほか、陶器やガラスなど様々な素材にプリントできるのが特徴です。

絞り染めの種類

絞り染めの種類

筒巻き絞り・棒絞り

筒巻き絞りは、生地を筒状のものに巻き付けて、しわを寄せながら一定方向に向かって生地をたくし上げて染める絞り染めです。

また、筒巻き絞りと同じ要領で、割り箸などを芯にして生地を巻きつけ、端の方へギュッと寄せて輪ゴムで止めて染める棒絞りという絞り方もあります。

筒巻き絞りと棒絞りは、水面の揺らぎや夜空など爽やかな模様が表現できる絞り方です。

雪花絞り

雪の結晶や花のような華やかな模様が浮かび上がるのが特徴の雪花絞り。
雪花絞りは、愛知県の有松に古くからある板締め絞りのひとつで、生地の折り畳み方によってさまざまなデザインができるため、浴衣や反物に限らず、手ぬぐいや帯、その他の小物にも活用されています。

巻き上げ絞り

巻き上げ絞りは、紐を巻き上げて模様の輪郭を作り、染め上げる絞り染め技法のひとつです。
生地に同じ幅でヒダを寄せたり、蛇腹に折り畳んだりした後に、ゴムや紐などを巻き付けて染めていきます。

むらくも絞り

染め上がりが雲間のような模様のデザインになるのは、むらくも絞りです。
むらくも絞りは、ヒダの大きさや固定の強弱によって染まる面積に差が出るため、全体的に濃淡のある模様が特徴的です。

輪っか絞り

輪っか絞りは、ランダムな丸い模様が特徴的な絞り染め。
生地にビー玉やスーパーボールなどを包んで、輪ゴムでその根本をしっかりと絞ってから染色していきます。
ポイント柄としても使いやすいので、デザインを考えるのが楽しい絞り染めです。

縫い絞り

縫い絞りは、生地に模様を付けたい部分を糸で縫って染める絞り染めです。
糸で縫ったところには染料が入らず白く残るため、縫い目の幅や布の厚さなどによって、様々な模様が表現できる絞り方です。
絞り染めの種類についてはこちらの「染物の定番模様とは?基本の絞り方8パターン」にて詳しくご紹介しています。

伝統的な藍染をもっと近くに

伝統的な藍染製品を取り扱う水野染工場「日比谷オクロジ店」
- 世界中を、感動で染める -
水野染工場では印染商品を中心に、図案から染色、縫製までを一貫して制作。様々な伝統技法を用いて、お客様の「想い」に寄り添う商品をひとつひとつ、心を込めて染め上げます。

日比谷オクロジ店

水野染工場「日比谷オクロジ店」では、手ぬぐい、半纏、旗・・・など、フルオーダー製品のお悩みやご不安な点などを、直接ご相談いただけます。
また、各種藍染製品、染物体験(予約制)などもご用意しておりますので、ぜひ染物をお手に取ってご体感ください。
    水野染工場「日比谷オクロジ店」
  • 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目7-1 JR高架下
  • ・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・東京メトロ銀座駅 徒歩6分
  • ・東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
  • ・都営地下鉄内幸町駅 徒歩5分

藍で人と自然を結び、藍で人と人が繋がり、藍で楽しむ

藍染体験ができる「藍染結の杜」
- 世界中が、藍を楽しむ -
自然豊かな美瑛町で、原料となる藍の栽培から藍染を行い、人と自然を藍で結びたい。そして美瑛町の景色にある美瑛ブルーと藍染の色合いが重なり合い、伝統的な美しさを新しいカタチで表現していきます。

藍染結の杜

藍染結の杜には、藍染体験(予約制)、各種藍染製品のショップ、藍茶が飲めるカフェがあります。
北海道美瑛町の絶景を一望できる丘が敷地内にあり、写真スポットとしてもお勧めです。
<
    藍染結の杜(あいぞめゆいのもり)
  • 〒071-0474 北海道上川郡美瑛町字拓進(拓真館前)
  • ・JR美瑛駅から車で約15分、レンタサイクルで約40分​
  • ・旭川空港から車で約30分
  • ・JR旭川駅前から車で約45分

各種印染製品のオーダーメイドについて

水野染工場では、半纏(法被)、暖簾、大漁旗、幟、社旗、旗(フラッグ)など、各種印染製品のオーダーメイドを承っております。
>>商品一覧を見る
オーダーメイドに関するご相談は下記よりお願いいたします。

関連商品・おすすめ商品

コラムを商品別で探す