神社幟(神社のぼり)の復元作業工程-糊置【水野染工場】

神社のぼり復元作業工程
現在使用されている神社幟(のぼり)を、お客様のご要望に合わせて復元いたします。
神社のぼり復元作業工程2-糊置
神社幟・神社のぼり復元作業
下絵をおこした後は、糊置きの作業になります。
文字の輪郭を作る工程となります。
ツカと呼ばれる絞り袋を使用する「筒置き」で糊を置いていきます。
神社幟(のぼり)復元作業工程-糊置1
糊の主な成分はもち米です。
神社幟(のぼり)復元作業工程-糊置2
下絵の輪郭に沿って糊を置いていきます。
神社幟(のぼり)復元作業工程-糊置3
細かい部分も丁寧に糊置きしていきます。
神社幟(のぼり)復元作業工程-糊置4
ケーキを作るときに使用する絞り袋のようなもので作業します。
神社幟(のぼり)復元作業工程-糊置5
糊を置くことによって、染色後、文字の輪郭がはっきりとします。
神社のぼり復元作業工程-糊置6
糊置き完了です。砂をまいて1日程乾かします。
次の工程
作業工程1-下絵のページへ
次の工程
作業工程3-染めのページへ
下絵
糊置
染め
洗濯
アイロン・仕立て
デザイン校正・生地サンプル無料
■デザイン校正が無料です。
ご希望のデザイン、サイズ、枚数などをお問い合わせ下さい。
当社担当者が無料にて校正デザインを製作し、お見積りと一緒にご連絡致します。