創業明治40年、受け継がれてきた「伝統」
新しい日本の文化と「美」を目指して
真心と感謝を染めて「共に感動」

伝統 ・・・ 「印染」 とは

印染(しるしぞめ)とは、半纏や暖簾、幟、旗など、屋号や家紋を染め抜いた染物のことで、日本の印染の歴史は平安時代にまでさかのぼるといわれています。

水野染工場では、職人が一点一点刷毛を用いて染め上げる「引染」や、枠に紗を張り大きなヘラで染色する「捺染」など、

伝統的な本染で、ハレの日や伝統行事を鮮やかに演出します。

「伝統の技」

伝統的な印半纏の染色風景

創業明治四十年。代々受け継がれてきた伝統の技を通じて、個性豊かな表現や「自分らしさ」を常に追求します。

「物語をつくる」

商品を通して、その先の「物語」をお作りします

その先にある「物語(ストーリー)」を、お客様と共に「想い」を込めて、ひとつひとつ丁寧につくり上げます。

「共に感動」

水野染工場の職人たち

感動を与える染物をつくり、また自らも感動できる作品をつくるため、情熱をもって伝統文化である「印染」の素晴らしさを伝えます。

真心を込めて、大切な「想い」を染め上げます。

水野染工場では、印染商品を図案から染色、縫製まで、一貫しておつくりしています。さまざまな技法を用いて、お客様のご要望に沿った商品を染め上げます。

大漁旗
応援旗
よさこい旗
半纏・法被
神社・仏閣
よさこい衣装
帆前掛け
暖簾
日除け暖簾
幟(のぼり)
手ぬぐい

染色技法 – 本染(ほんぞめ) – 

水野染工場では古くからの伝統を受け継ぎ、主に「引染(ひきぞめ)」と「捺染(なせん)」という本染技法を用いて商品をおつくりしています。

手染めならではのあたたかく独特な風合いは、機械染めには出せない良さがあります。

引染の染色風景(大漁旗)

引染 – ひきぞめ – 

引染とは、綿生地に職人が一点一点刷毛を用いて染色する伝統的な本染技法のひとつです。手作業で染め上げられた染物は、味わい深く、裏通りに優れているのが特徴です。

捺染の染色風景(手ぬぐい)

捺染 – なせん – 

捺染とは、大きな枠に紗(しゃ)を張り、スキージと呼ばれる大きなヘラで染色する本染技法のひとつです。細かい柄や大量に同じものを染色する際に用います。

商品一覧

今月のおすすめ

今月のおすすめ「総柄半纏」

更新情報