• img3
  • img2
  • img4
  • img1

Vision

水野染工場では、印染商品を中心に
図案から染色、縫製まで
一貫しておつくりしています。
さまざまな伝統技法を用いて、
お客様の「想い」に寄り添う商品を
ひとつひとつ、
心を込めて染め上げます。
世界中を、感動で染める。

Corporate Brand

Information

最新情報配信中!

Products

Technology

印染

印染(しるしそぞめ)とは、半纏や暖簾、幟、旗など、屋号や家紋を染め抜いた染物のことで、 日本の印染の歴史は平安時代にまでさかのぼるといわれています。

本染
本染

Honzome

水野染工場では古くからの伝統を受け継ぎ、主に「引染(ひきぞめ)」と「捺染(なせん)」という本染技法を用いて商品をおつくりしています。手染めならではのあたたかく独特な風合いは、 機械染めには出せない良さがあります。

引染とは、綿生地に職人が一点一点刷毛を用いて染色する伝統的な本染技法のひとつです。 手作業で染め上げられた染物は、味わい深く、裏通りに優れているのが特徴です。

捺染とは、大きな枠に紗(しゃ)を張り、スキージと呼ばれる大きなヘラで染色する本染技法のひとつです。 細かい柄や大量に同じものを染色する際に用います。