半纏、法被、祭り衣装のオーダーメイド通販は水野染工場へ

本染半纏をお作りします。
印半纏職人半纏法被オーダーメイドを1枚から承ります。
多彩な染色方法、生地と豊富なお誂え経験を駆使して、お客様のご要望に合った本染めの半纏をお作りいたします。
下記お問合せフォームより、お客様のご要望に沿ってお問合せ下さい。
お見積、校正デザインなど無料でお客様にご案内いたします。
■お値段と納期について
枚数デザイン内容によって1枚単価変動いたします。
納期は、校正デザイン決定後、7日間~21日間(弊社稼働日)を目安として下さい。※藍染の場合は要相談となります。
※6月~8月末までの繁忙期において、1枚~3枚までの製作はご遠慮いただく場合がございます。予めご了承下さい。
短納期をご希望の場合、ご予算に上限がある場合はご相談下さい
■繁忙期は製作にお時間をいただく場合がございます。納期期限やご使用する日程がお決まりの場合は、お早めにお問合せ下さい。
※上記内容は、半纏・法被のオーダーメイドを基本としたものです。予めご了承下さい。
半纏・法被「衿替え、衿名入れ、背紋入れフォーム」はこちら
お問い合わせ、ご要望など内容に沿って、各項目を入力し、送信して下さい。(お決まりでない箇所は空欄でも構いません。)
メールにてお客様からのお問い合わせ内容が弊社に届きます。
お問い合わせメール確認後、当日または翌営業日中に弊社担当者からお客様へご連絡いたします。
文字・デザイン内容・イメージをお知らせいただけましたら、無料校正デザインをご案内いたします。
1.半纏/法被の用途をお選び下さい。
祭り・イベント用
職人用
飲食店用
その他
●神輿半纏の製作をご希望の場合はこちらからお問い合わせ下さい。>>神輿半纏のお問合せ
●太鼓半纏・法被の製作をご希望の場合はこちらからお問い合わせ下さい。>>太鼓半纏・法被・太鼓衣装のお問合せ
2.デザインについてご入力下さい。
半纏・法被の色(地色)をお選び下さい。
半纏・法被の色:茜色
1-茜色
(あかねいろ)
半纏・法被の色:赤
2-赤
(あか)
半纏・法被の色:山吹色
84-山吹色
(やまぶきいろ)
半纏・法被の色:蒲公英色
32-蒲公英色
(たんぽぽいろ)
半纏・法被の色:抹茶
94-抹茶
(まっちゃ)
半纏・法被の色:深緑
25-深緑
(ふかみどり)
半纏・法被の色:青
56-青
(あお)
半纏・法被の色:瑠璃紺
18-瑠璃紺
(るりこん)
半纏・法被の色:濃紺
72-濃紺
(のうこん)
半纏・法被の色:紫紺
13-紫紺
(しこん)
半纏・法被の色:臙脂色
91-臙脂色
(えんじいろ)
半纏・法被の色:鉄色
64-鉄色
(てついろ)
半纏・法被の色:銀鼠
99-銀鼠
(ぎんねず)
半纏・法被の色:黒橡
101-黒橡
(くろつばみ)
半纏・法被の色:黒
102-黒
(くろ)
半纏・法被の色:鶯茶
79-鶯茶
(うぐいすちゃ)
半纏・法被の色:黒茶
77-黒茶
(くろちゃ)
半纏・法被の色:牡丹色
86-牡丹色
(ぼたんいろ)
上記以外の色を指定する。※ご希望の色名をご入力下さい。→
3000色以上を再現します。
※上記の色名先に表示されている数字は、弊社色見本帳の番号です。3000色以上の色合わせが可能です。
※パソコン・モニタの機種・設定によって色の見え方が変わってきますことをご了承下さい。
※色指定をご希望の場合は、「DICカラー」や「全染研カラー」などの番号にてお申し付けいただくか、色見本となる色紙や布などを弊社に郵送して下さい。ご希望の色になるべく近い色になるようお客様と充分な打ち合わせをさせていただきますが、紙への印刷物とは違い「染物」なので染色条件等により多少の違いが生じる場合がございます。予めご了承ください。
※ご希望の場合は、弊社からお客様へ色見本をお送りします。(上記番号は、弊社色見本帳の番号です。)
色見本の無料送付サービスを希望する。
柄の入り方をお選び下さい。
無地
無地半纏・法被
腰柄
腰柄の半纏・法被
総柄
総柄の半纏・法被
柄のイメージをお選び下さい。
半纏・法被柄-吉原
吉原
半纏・法被柄-吉原二段
吉原二段
半纏・法被柄-レンガ
レンガ
半纏・法被柄-二引き
二引き
半纏・法被柄-角字
角字
半纏・法被柄-御所車
御所車
半纏・法被柄-藤の山道
藤の山道
半纏・法被柄-市松
市松
半纏・法被柄-青海波
青海波
半纏・法被柄-桜吹雪
桜吹雪
半纏・法被柄-波-1
波-1
半纏・法被柄-波-2
波-2
半纏・法被柄-魚
半纏・法被柄-紗綾形
紗綾形
半纏・法被柄-二の字
二の字
角文字の腰柄をご希望の場合は、入れる文字内容をご記入下さい。
柄の色をお選び下さい。
日向(白抜き)
影(身頃の色と同じ色で白フチ付き)
色指定する。
指定色名をご入力下さい。
腰柄、総柄のデザイン内容について、上記以外にご要望がございましたらご記入ください。。
柄の指定がある場合は、ご希望の柄に関するスケッチ、画像、イラストレーターなどのデータを添付して下さい。
ご希望の柄に関する添付ファイル
背紋についてご入力・ご選択下さい。
半纏・法被の背紋について
背紋に入れる文字・紋の内容をご記入下さい。
背紋に入れる文字の書体をお選び下さい。
背紋の文字:籠文字
籠文字
背紋の文字:江戸文字
江戸文字
背紋の文字:江戸勘亭流文字
江戸勘亭流文字
背紋の文字:寄席文字
寄席文字
背紋の文字:楷書体
楷書体
背紋の文字:ゴシック体
ゴシック体
背紋の文字:角文字
角文字
書体指定する。
指定書体名を
ご入力下さい。
背紋の入れ方をお選び下さい。
※文字の見本は紺色の半纏に「纏」という文字を使用しています。
※紋の見本は紺色の半纏に「左三つ巴」という紋を使用しています。
背紋の入れ方:日向文字
日向文字
(白抜き)
背紋の入れ方:影文字
影文字
(地色と同色、白フチ)
背紋の入れ方:ぶっつけ文字
ぶっつけ文字
(色指定可能)
背紋の入れ方:白フチ付き文字
白フチ付き文字
(色指定可能)
背紋の入れ方:日向-紋
日向-紋
(白抜き)
背紋の入れ方:影-紋
影-紋
(地色と同色、白フチ)
背紋の入れ方:白フチ付き-紋
白フチ付き-紋
(色指定可能)
背紋の入れ方:ぶっつけ-紋
ぶっつけ-紋
(色指定可能)
背紋の入れ方:円に文字入れ
円に文字入れ
(色指定可能)
背紋の入れ方:四角形に文字入れ
四角に文字入れ
(色指定可能)
背紋の色指定をご希望の場合は、色名をご入力下さい。
背紋の指定がある場合は、ご希望の背紋に関するスケッチ、画像、イラストレーターなどのデータを添付して下さい。
ご希望の柄に関する添付ファイル
衿(えり)についてご入力・ご選択下さい。
半纏・法被の衿文字
衿の色をお選び下さい。
身頃(地色)の色と同じ
色指定する。
指定色名をご入力下さい。
衿(上前)に入れる文字の内容をご記入下さい。(左図参照)
衿(下前)に入れる文字の内容をご記入下さい。(左図参照)
衿の文字替わり
希望する    希望しない
個人名・文字内容など個々に衿の文字替わりを希望する場合は、備考欄に個々の文字内容をお申し付け下さい。
衿文字の書体をお選び下さい。
衿の文字:籠文字
籠文字
衿の文字:江戸文字
江戸文字
衿の文字:寄席文字
寄席文字
衿の文字:楷書体
楷書体
衿の文字:ゴシック体
ゴシック体
衿の文字:角文字
角文字
書体指定する。
指定書体名をご入力下さい。
衿文字の色をお選び下さい。
影(かげ)
※衿の色と同色にして、白フチを付けた文字
衿の文字色:影文字
(例)衿色が黒の場合
日向(ひなた)
※白抜き文字
衿の文字色:日向文字
(例)衿色が黒の場合
色指定する。
指定色名をご入力下さい。
白フチを付ける
衿に背紋と同じ紋を入れる     衿に背紋と違う紋を入れる     紋を入れない
衿の紋の色をお選び下さい。
影(衿の色と同色、白フチ付)     日向(白抜き)     衿文字と同じ色
色の指示あり     白フチを付ける
衿の紋に指定がある場合は、ご希望の紋に関するスケッチ、画像、イラストレーターなどのデータを添付して下さい。
ご希望の衿の紋に関する添付ファイル
肩裏
半纏・法被の肩裏
肩裏:白地
白地
肩裏:浅葱(あさぎ)色
浅葱(あさぎ)色
なし
オリジナル柄希望
●肩裏部分に綿生地を縫付けると、汗の吸水性の向上、スレ予防などの効果があります。
ご希望の柄を染めたオリジナル生地を肩裏にすることも可能です。ご希望の場合は下記備考欄よりお申し付け下さい。
(オリジナル柄の肩裏のお取り付けは、オプション価格になります。)
※パソコン、モニター環境によって見本画像が実際の色合いと多少異なる場合がございます。予めご了承下さい。
袖口裏
半纏・法被の袖口裏
袖口裏:白地
白地
袖口裏:浅葱(あさぎ)色
浅葱(あさぎ)色
袖口裏:豆絞り柄-紺
豆絞り柄-紺
袖口裏:豆絞り柄-赤
豆絞り柄-赤
袖口裏:茶色無地
茶色無地
袖口裏:ソロバン柄-紺
ソロバン柄-紺
袖口裏:ソロバン柄-茶
ソロバン柄-茶
オリジナル柄希望
●袖口の裏部分に綿生地を縫付けると、スレ予防の効果があります。
●袖口を捲り上げた時に見えるので、柄にこだわりを持つお客様もいます。
ご希望の柄を染めたオリジナル生地を袖口裏にすることも可能です。ご希望の場合は下記備考欄よりお申し付け下さい。
(オリジナル柄の袖口裏のお取り付けは、オプション価格になります。)
※パソコン、モニター環境によって見本画像が実際の色合いと多少異なる場合がございます。予めご了承下さい。
背割れ
背の中心で小巾の生地を継ぐ仕立て方で、神輿半纏や高級印半纏に多くみられる仕立て方です。
近年では広巾生地のまま背割れなしの半纏も一般的に多いです。
小巾生地-背割れ
あり
広巾生地
なし
※小巾生地の場合は「背縫い」、広巾生地の場合は「背摘み」になります。
※背摘みができない広巾生地は2枚に切って背縫いいたします。
4.ご希望の生地をお選び下さい。
■通常綿生地
シャークスキン(広巾)
鮫肌調の織が特徴的な生地です。
程好い厚みと、柔らかい風合いがあります。お求め易い価格で品質の良いお勧め生地です。
タッサー(広巾)
横織の生地目が特徴的な生地です。
シャークスキンと同じ糸で織っていますが、シャークスキンより若干薄くなります。
20シャンタン(広巾)
太糸を横方向一直線に入れた生地です。比較的薄地で夏場に涼しい生地として人気です。
舞布(広巾)
ザックリした感じの少し厚手の生地です。シャンタンと丸紡24貫の中間程の厚さです。
スラブ(広巾)
太さが一定でない糸を織り込んだ紬生地です。
比較的厚みのある生地です。
79A(広巾)
太い糸を密に織った丈夫な生地です。
比較的厚みのある生地です。
■厚手高級綿生地
丸紡24貫(小巾)
小巾の厚手生地です。
印半纏生地と言われるほどの高級半纏生地です。
彩紬(小巾)
小巾の厚手生地です。
所々に太い糸を入れた高級厚手生地です。
綿絽(小巾)
糸を呂の目に織った薄手生地です。
神輿会役員半纏用の生地として人気があります。
二重刺子(広巾)
黒糸と白糸を交互に織った厚手生地です。
消防半纏生地としてよく使用します。
一重刺子、白刺子もございます。
※小巾生地は必ず背割れ(背縫い)仕立てになります。
■上記以外の生地をご希望の場合は、生地名をご入力下さい。>>
■半纏・法被用無料生地サンプルを申し込み   申し込む
※生地サンプルは、メール確認後3~4日後にクロネコメール便にてお届けいたします。
※綿絽、刺子の生地サンプルをご希望の場合は、下記「ご連絡・ご要望・備考欄」欄より「綿絽サンプル希望」または「刺子サンプル希望」とお申し付け下さい。
5.ご希望サイズの枚数をご入力下さい。
※1枚からオーダーメイドを承ります。枚数が確定していない場合は、大凡の枚数をご入力ください。
※枚数によって単価が変わります。基本的に枚数が多いほど単価は下がります。(5枚以上からグッと単価が下がります。)
※刺子をご希望の場合、基本的に枚数による単価の変動はございません。予めご了承ください。
※様々な枚数のお見積りをご希望の場合は、下記備考欄よりお申し付けください。(例・・・10~50までの見積希望etc)
※基本サイズ以外をご希望の場合は“特寸”に枚数とサイズをご入力下さい。
大人LL 
(身丈85cm身巾68cm)
大人L 
(身丈80cm身巾66cm)
大人M 
(身丈75cm身巾64cm)
大人S 
(身丈70cm身巾62cm)
子供LL 
(身丈65cm身巾55cm)
子供L 
(身丈60cm身巾48cm)
子供M 
(身丈55cm身巾45cm)
子供S 
(身丈50cm身巾42cm)
子供SS 
(身丈45cm身巾37cm)
特寸1 
(身丈cm身巾cm)
特寸2 
(身丈cm身巾cm)
特寸3 
(身丈cm身巾cm)
※飲食店のユニホームとしてご使用する場合は、袖巾や身丈など調整いたしますので、お気軽に御相談下さい。
■お客様情報をご入力下さい。
お客様氏名※必須入力
お客様氏名のふりがな
会社名・法人名・団体名
メールアドレス※必須入力
【携帯電話メールアドレスをご使用のお客様へ】
PCメール受信拒否設定を設定している場合は、弊社からのご返信メールをお受け取りできません。PCメール受信拒否設定の解除またはmizuno@hanten.jpの指定メール許可設定をお願い申し上げます。
※上記内容がご不明の場合は、下記にて電話番号またはFAX番号を必ずご入力ください。
電話番号
FAX番号
郵便番号
ご住所
ご連絡方法※複数選択可能
メール     FAX     お電話     郵便
ご希望納期
ご連絡・ご要望・備考欄
※帯は別売となっております。帯をご希望の場合は、お申し付け下さい。
上記の内容でよろしければ「入力内容確認ページへ進む」をクリックして下さい。
※データファイルの容量が5MB以上の場合はお手数ですがmizuno@hanten.jp宛に別途ファイル添付メールをお送り下さい。
※写真、印刷物、手書きなどのアナログデータの場合は、FAXまたは郵送でお送り下さい。
【Yahooメール、Gmailなどのフリーメールをご利用のお客様へ】
弊社からの返信メールが、迷惑メールフォルダに直接入ってしまう場合がございますので、迷惑メールフォルダ内のご確認もよろしくお願いします。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。
デザイン、生地、染め方、仕立て方など様々な専門用語が飛び交います。
弊社がこれまで培った経験・伝統を基にご説明させて頂きます。
電話でのお問合せ
電話お問い合わせ
営業時間内でのご対応となります。
メールでのお問合せ
メールフォームの利用
必要項目をご入力の上、送信して下さい
FAXでのお問合せ
専用FAX・郵送用紙の利用
プリントアウトしてご活用下さい
メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ:0166-29-0000