MIZUNO ism

ホーム » MIZUNO ism
水野染工場について

創業明治40年が紡ぐ
「伝統の技」

代々受け継がれてきた伝統の技を通じて、個性豊かな表現や「自分らしさ」を常に追求します。

背景にある想い、願い
「物語をつくる」

その先にある「物語(ストーリー)」を、お客様と共に「想い」を込めて、ひとつひとつ丁寧につくり上げます。

ものづくりは、想うこと
「共に感動」

感動を与える染物をつくり、また自らも感動できる作品をつくるため、情熱をもって伝統文化である「印染」の素晴らしさを伝えます。

Logomark

水野染工場

感動を与える染物をつくり、また自らも感動できる作品をつくるため、情熱をもって伝統文化である「印染」の素晴らしさを伝えます。

Interview

挑戦。その先に、

MIZUNO’s Global Vision

View all

真心と感謝を染めて
共に感動 そして挑戦!

創業の精神を胸に、100年後の未来を見る

「水野さんは挑戦者だね」とよく言われます。北海道・旭川の染工場が浅草の一等地に手ぬぐい専門店を構え、ニューヨーク、パリ、シンガポールに商品を展開し、様々な企業やアーティストとコラボ商品を作る。そんな姿を評していただく言葉だと思いますが、私としてはそんなに大変なことをしているという感覚はありません。なぜなら、いつも先人たちの苦労を思い起こしてしまうからです。明治40年、初代の水野竹次郎が富山から北海道・旭川の地に入植したとき、この地にはストーブも、食べ物も、着物もろくに無かったことでしょう。その中でゼロから染物屋を始めたのが水野染工場の原点です。この時の苦労と挑戦を思えば何でもできると思うのです。
 今私が描くのは、100年後の未来の姿です。100年後も、安土桃山時代から脈々と受け継がれる日本伝統の染技法を守り続け、多くの方に感動していただけるものづくりをしていくために今何をすべきかを考え続けています。その一つの鍵が「ひとづくり」です。

自分を超える人を育てる

 「青は藍よりいでて藍より青し」という言葉があります。藍草で染めた布は藍草よりも鮮やかな色になることを師匠と弟子の関係にあてはめた言葉で、弟子が師匠の学識や技術を超えていくことを指すことわざですが、私が望むのはまさにこの言葉のとおりです。社員にはいつも、「苦労は先にしなさい」と言っています。人の一生分の苦労の量は決まっている。それであれば、先に苦労をして後から楽をしたほうがいい。だから一歩いつも前に進み続けようと。そんなことをいつも言い続けていたら、気づけば若い世代の職人が増え、若い人たちが見事に大漁旗や手ぬぐいを染め上げる会社になりました。
 社員には「3年以内はいくら失敗してもいい」と伝えています。うちの会社では挑戦しないことこそが罪。打席に立って、打ち続けることが大切です。そうすれば打率は必ず上がっていきます。最近では、若い人たちをどんどん海外にも出しています。ニューヨークやフランス、シンガポールで染のワークショップを開催していますが、若い社員が積極的に企画をし実践してくれています。自分の目の前で海外の方たちが染め物の美しさに触れ感動してくれる姿を見て、彼らの価値観が変わっていきます。2017年には、浅草に染体験ができる工房もオープンし海外の方がたくさん訪れています。若い人たちの力で、染の魅力をどんどん海外に発信してほしいと願っています。

伝統を守るために、繰り返す挑戦

 水野染工場はおかげさまでここ数年、毎年108%の成長を続けています。その源は、挑戦をし続けることにあると考えています。伝統文化発信の本場とも言える浅草に手ぬぐい専門店「染の安坊」を出店したことは、当社にとって社運をかけた大きな挑戦でしたが、この店がアンテナショップとなって、国内外のメディアからもたくさんの取材をいただき日本の染め文化の素晴らしさを発信できています。長年の夢であった法被専門店も浅草に出店し、浅草神社御用達の店となったことは、染の事業に携わる者として社員一同の大きな誇りとなりました。海外での販売やワークショップの展開は、私たち自身が日本の染の素晴らしさを見つめ直すきっかけにもなっています。
 伝統を守るためには、絶えず挑戦を続けていくしかありません。留まっていては伝統は衰退してしまいます。新たな視点で「染」を見つめ直し、その価値を様々な手法で発信していくこと。これが私たちに課せられた使命だと思っています。

北海道の大地に描く「染のテーマパーク構想」

 今、私には大きな夢があります。この北の大地に染のテーマパークをつくるという夢です。社内外に公言してイメージも着々と固めていますので、もう「夢」ではなく「計画」といってもいいかもしれませんね。現在のところ、2023年の完成を目指しています。このテーマパークでは、染の原料である「藍」を育て、誰もが工房で気軽に印染を楽しめます。地産地消の食を楽しんだり、アーティストがつくる作品を眺めたり、ファミリーでゆっくり1日楽しめる染パークにしたいと思っています。社員と一緒に構想を考え、ともに夢を実現できる仲間を増やしていきたいと思っています。
 これからも、視点を変え、手法を変え、挑戦をし続けて日本が誇る染の文化と技術を伝え続けます。

水野染工場が歩んできた挑戦の歴史。すべては、その時代に生きる「伝統」を信じて。

水野染工場が歩んできた挑戦の歴史。
すべては、その時代に生きる「伝統」を信じて。

お問い合わせ・お見積り・ご質問等ございましたら、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ・お見積り・ご質問等
ございましたら、お気軽にご相談下さい。

メールでのお問合せ

無料見積り・校正など

弊社メールフォームよりお問合せください。ファイルの添付も可能です。

弊社メールフォームよりお問合せください。
ファイルの添付も可能です。

FAXでのお問合せ

0166-26-7422

氏名、ご連絡先、お問合わせ内容を明記の上、弊社までお送りください。

氏名、ご連絡先、お問合わせ内容を明記の上、
弊社までお送りください。

※受注・お問い合わせなどのメール・FAXの受付は年中無休ですが、 当社からの受注確認・ご返答メール・FAXは営業時間帯でのご対応となります。 予めご了承下さい。営業日、定休日、営業時間については、営業日カレンダーをご参照下さい。

〒070-0010
 北海道旭川市大雪通り3丁目488-26 周辺地図

Information