半纏・法被の

お問合せ手順

<初めての方へ>

お問合せからご注文、発送までの流れをご説明。お気軽にお問合せください。

生地サンプル

無料送付サービス

<半纏・法被用>

営業日・休日について

営業時間 9:00~18:00

営業日カレンダー

※受注・お問い合わせメール、FAXなどの受付は年中無休ですが、当社からの受注確認、ご返答メール、FAXは営業時間帯でのご対応となります。ご了承下さい。

獅子舞(ししまい)衣装

ホーム » 半纏・法被 » 祭り半纏・祭り法被・祭り衣装 » 獅子舞(ししまい)衣装の製作販売
獅子舞衣装の製作販売

こだわりの本染め獅子舞衣装を製作します。

本染めによる製作

伝統文化である「獅子舞」の衣装を、伝統技法である本染めにてお作りします。
獅子舞に使用される衣装のデザイン、仕立て方、サイズなどは、地域や各会によって異なります。お客様がご希望される獅子舞衣装の情報をお申し付け下さい。お見積り、納期などをご返答いたします。

現在ご使用されている獅子舞衣装と同じものを製作希望の場合は、現物サンプルを弊社までお送りください。
同じデザインで染め上げ、同じ仕立て方にて仕上げます。

【生地について】
当社では、基本的に60ブロード、シャークスキン、舞布、79Aなどの綿生地にて製作いたしております。
ご希望の生地がございます場合は、お気軽にご相談下さい。

獅子舞の起源

獅子舞の起源はインド地方と言われています。日本での獅子舞の始まりは、16世紀はじめといわれています。
室町時代から江戸時代の初期のころになると、「江戸大神楽師」、「伊勢大神楽師」と呼ばれる団体が、「悪魔払い」のために獅子舞を踊りながら全国をまわったとされています。

現在、日本の獅子舞には大きく分けて二つの系統があります。

【伎楽(ぎがく)系】
獅子の頭につけた胴幕の中に人が入って舞う「立ち獅子舞」が多く、大陸から伎楽の一つとして伝来した伎楽系の獅子舞と言われています。

【風流(ふうりゅう)系】
関東・東北地方などで行われている鹿舞(ししおどり)と呼ばれるもので、鹿〔しし〕の頭をかぶり、胸に太鼓を付けた一人立ちの舞いで、太鼓を打ちながら踊るものです。

獅子舞衣装の製作事例

■永山獅子舞保存会様(北海道-永山神社)

  • 永山獅子舞保存会様製作事例-1
  • 永山獅子舞保存会様製作事例-2
  • 永山獅子舞保存会様製作事例-3

■上川神社獅子舞部様(北海道-上川神社)

  • 上川神社獅子舞部様製作事例-1
  • 上川神社獅子舞部様製作事例-2
  • 上川神社獅子舞部様製作事例-3

北海道旭川市での獅子舞

旭川市で行われている獅子舞は、富山県からの移住者有志が昭和のはじめごろ伎楽系獅子の舞いを伝えたとされています。
現在では「神様(お神輿)が通る道を清めるための舞」として、獅子舞を悪霊や邪気(穢れ)にみたて、天狗がそれを倒す物語になっています。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

デザイン、生地、染め方、仕立て方など様々な専門用語が飛び交います。弊社がこれまで培った経験・伝統を基にご説明させて頂きます。

半纏・法被・よさこい衣装のオーダーメイド承ります

半纏、法被、よさこい衣装などの祭り衣装をオーダーメイド致します。
職人が一点一点丁寧に綿生地を染色する「本染め」や、軽量で動きやすくシワになり難いポリエステル生地に吹付で染色する「分散昇華染め」など、様々な染色技法を駆使して、お客様の要望に合った半纏、法被、よさこい衣装をお作りします。
お気軽にお問合せください。

半纏と法被の違いと表記について

歴史的な観点から諸説が色々ありますが、江戸時代末期から区別がなくなっているというのが有力な説で、現在の一般的な見解では、「法被=印半纏」のようです。詳しくはこちらをご参照ください。>> 半纏と法被の違いについて

弊社では、基本的に半纏と法被を同じものとしてご案内しております。制作事例での表記につきましては、お客様から頂戴したコメントで使用されている言い方や、お問合せ時、製作時に使用している言い方で記載しております。予めご了承ください。

祭り用品通販、和装オーダー製作販売

手拭いのオーダーメイド通販を承ります

手拭いのオリジナルオーダーメイドを30枚から承ります。校正デザイン、生地見本を無料でご案内致します。

営業日・休日について

営業時間 9:00~18:00

営業日カレンダー

※受注・お問い合わせメール、FAXなどの受付は年中無休ですが、当社からの受注確認、ご返答メール、FAXは営業時間帯でのご対応となります。ご了承下さい。

Information