カテゴリー別アーカイブ: 水野染工場情報

大きいサイズ、特寸サイズの半纏・法被について

水野染工場では、大きいサイズや特寸サイズの半纏・法被のオーダーメイドも承ります。
S~LLまでのサイズでは合わないお客様、お気軽にご相談下さい。
ご着用されるお客様の身長、肩幅、胸囲、ウエストの情報をお申し付けください。
こだわりの印半纏・法被神輿半纏・法被をお作りいたします。
その他の作務衣被布コートなどの染製品でも、ご対応致します。
もちろん1枚からお作りいたします。
大きいサイズ・特寸サイズの参考画像
大きいサイズ、特寸サイズの参考画像です。
※サイズによって、小巾生地での製作ができない場合がございます。予めご了承ください。

半纏と法被の違いについて

 半纏と法被の違いは、衣服の歴史的な観点から諸説が色々あり、はっきりしないのですが、江戸時代末期から、区別がなくなっているようです。

 法被は、江戸時代に武家社会から生まれ、背中に家紋を大きく染め抜いたもので、襟を返して着用していたようです。本来の法被は胸紐つきの単(ひとえ)だったようです。

 江戸時代に一般庶民に羽織禁止令が出たため、襟を返す羽織や法被の代わりに、「襟を返さないで着用する法被」が庶民の間で普及しました。
 このときを境に、法被と半纏の混同が始まったようです。
 「襟や背中に屋号や家紋を染め抜いた、襟を返さない法被」が、「印半纏」として庶民に普及していきます。
 職人や商家の使用人が日常的に着るもの、町火消が着るもの、祭礼に着るものとして、人々の生活に根付いていきます。
 職人や商家の使用人が着る場合は、現代社会でいう会社の社名やロゴが入った作業着やユニフォームのような認識であったと考えられます。
 町火消が着る時は制服として、祭礼の時は、参加している団体のアイデンティティの象徴であったようです。

 現在も、法被(印半纏)は、お祭り、神輿担ぎの際には欠かすことのできない衣服ですし、職人用、お店用としてはもちろん、販促イベント用としても需要があります。

 半纏は元々、江戸時代の庶民を中心に日常生活で着用された防寒着だったようです。
 現在の「綿入り半纏」「どてら」などがこれに当たるそうです。
 
 防寒用の「綿入り半纏」「どてら」と、襟や背中に屋号や家紋を染め抜いた「印半纏」は、基本的にまったく違う用途と文化があり、「法被=印半纏」というのが、現在の一般的な見解のようです。

 当社で製作している半纏は、いわゆる「法被」であり、「印半纏」です。
 弊社では「法被=半纏」とさせていただいております。

 お祭り用、販促用、職人用、イベント用などの半纏・法被をオーダーメイドまたはセミオーダーしております。
 お気軽にご相談下さい。|お取扱い商品一覧
 
※上記文章は、弊社の資料と、その他の資料(法被-Wikipedia半纏-Wikipedia)などを参考に作成しております。

子供サイズの鯉口シャツに名入れ

鯉口シャツ名入れロゴ入れ参考図子供サイズの既製品鯉口シャツ(江戸一)に、ご希望の大紋やお名前、ロゴなどをお入れします。
サイズは、0号~7号までご用意しております。
サイズと身長の目安は以下の通りです。
0号=身長目安~85cm
1号=身長目安85~95cm
2号=身長目安95~105cm
3号=身長目安105~115cm
4号=身長目安115~125cm
5号=身長目安125~135cm
7号=身長目安135~145cm

鯉口シャツの地色は、10色からお選びいただけます。
ご希望のデザインをお申し付け頂けましたら、お見積り、校正デザインを無料でご案内致しますので、お気軽にご相談下さい。
お問合せはこちら>>鯉口シャツの名入れセミオーダー

鯉口シャツに背紋、お名前お入れします

 鯉口シャツのセミオーダーページを更新しました。
 既製品の無地鯉口シャツに、ご希望の背紋やお名前、ロゴなどを顔料でお入れします。
 鯉口シャツは、江戸一と我武者羅をご用意しております。
 丈夫で高級感のある生地を使用した江戸一の鯉口シャツへのお名入れをご希望の場合は、地色を10色の中からお選びいただけます。サイズは、男性用、女性用、子供用がございます。シャツの型は、男性、子供共通と女性用をご用意しております。
 しなやかで肌触りの良い生地を使用した我武者羅の鯉口シャツへのお名入れをご希望の場合は、地色は晒し(白)のみとなりますが、江戸一に比べお求め易い価格で製作できます。。サイズは、男女兼用、子供用がございます。シャツの型は男性、女性、子供共通です。

 お見積り、校正デザインを無料でご案内致しますのでお気軽にお問合せください。
 1枚から制作可能です。
 お問合せはこちら>>鯉口シャツセミオーダー

子供用サイズよさこい衣装の製作

水野染工場では、子供用よさこい衣装のオーダーメイドを承っております。
仕立てに関する様々なノウハウを駆使して、お客様のご要望に合った衣装をお作りします。
サイズについては、お子様が着用されている服のサイズ(50~170までの数字)をお申し付けください。
ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。
お問合せは、よさこい衣装お問合せフォームをご利用ください。
※長半纏セミオーダーの場合は、長半纏セミオーダーお問合せフォームをご利用ください。

本染め半纏

 水野染工場では、本染めで半纏を製作する場合、主に引染と捺染という技法で職人が丁寧に染め上げます。
 引染は、大小様々な刷毛を使用して、ひとつひとつ染めていきます。
 ※詳しくは引染の作業工程ページをご参照ください。 

 捺染は、スキージ(大きなヘラのようなもの)を使用して、連続的に染めていきます。
 ※詳しくは捺染の作業工程ページをご参照ください。
 捺染の作業風景を、以前のブログ「半纏を染めています」でもご紹介しています。
 
 捺染での染色は、比較的安価に制作できます。
 枚数が多くなると、大量生産できる捺染での製作が主流となります。

 昔ながらの風合いや、色の裏通りにこだわりを持っているお客様は、引染での染色をご希望される場合が多いです。
 また、藍染半纏の製作、正絹(羽二重、富士絹)や化繊生地を使用した半纏も承っております。
 
 お客様のご要望、用途などに合った染色方法をご案内致しますので、お気軽にご相談下さい。
 
刷毛とスキージ

1 / 3123