岐阜県の津田様 消防半纏 火消し半纏


岐阜県-津田様お写真
火消袢纏を作っていただいた岐阜大学の津田です。実際に着用している写真をお送りします。
1月24日に茨城県常総市の菅生沼(すがおぬま)で野焼きをしたときのものです。
オギというススキに似た植物や,ヨシ(葦とも言う)の茂る草原に毎年この時期に火を入れています。菅生沼ではボランティアさんたちと一緒に植生の管理のために野焼きをしていますが、わたくしは研究用に火入れ温度のデータ採取や、ボランティアさん向けのレクチャーなどもおこなっています。聴衆の火消袢纏に対する評判は非常によかったし、大勢の参加者の中で目立つため作業の指示などが出し安いうえに、火のそばでの仕事にも最適でした。
岐阜県-津田様より(2010.2.9)

こちらの消防半纏・火消し半纏は、二重刺子で製作しています。
刺子半纏・消防半纏・火消し半纏のページはこちら