カテゴリー別アーカイブ: 印染、本染商品について

半纏と法被の違いについて

 半纏と法被の違いは、衣服の歴史的な観点から諸説が色々あり、はっきりしないのですが、江戸時代末期から、区別がなくなっているようです。

 法被は、江戸時代に武家社会から生まれ、背中に家紋を大きく染め抜いたもので、襟を返して着用していたようです。本来の法被は胸紐つきの単(ひとえ)だったようです。

 江戸時代に一般庶民に羽織禁止令が出たため、襟を返す羽織や法被の代わりに、「襟を返さないで着用する法被」が庶民の間で普及しました。
 このときを境に、法被と半纏の混同が始まったようです。
 「襟や背中に屋号や家紋を染め抜いた、襟を返さない法被」が、「印半纏」として庶民に普及していきます。
 職人や商家の使用人が日常的に着るもの、町火消が着るもの、祭礼に着るものとして、人々の生活に根付いていきます。
 職人や商家の使用人が着る場合は、現代社会でいう会社の社名やロゴが入った作業着やユニフォームのような認識であったと考えられます。
 町火消が着る時は制服として、祭礼の時は、参加している団体のアイデンティティの象徴であったようです。

 現在も、法被(印半纏)は、お祭り、神輿担ぎの際には欠かすことのできない衣服ですし、職人用、お店用としてはもちろん、販促イベント用としても需要があります。

 半纏は元々、江戸時代の庶民を中心に日常生活で着用された防寒着だったようです。
 現在の「綿入り半纏」「どてら」などがこれに当たるそうです。
 
 防寒用の「綿入り半纏」「どてら」と、襟や背中に屋号や家紋を染め抜いた「印半纏」は、基本的にまったく違う用途と文化があり、「法被=印半纏」というのが、現在の一般的な見解のようです。

 当社で製作している半纏は、いわゆる「法被」であり、「印半纏」です。
 弊社では「法被=半纏」とさせていただいております。

 お祭り用、販促用、職人用、イベント用などの半纏・法被をオーダーメイドまたはセミオーダーしております。
 お気軽にご相談下さい。|お取扱い商品一覧
 
※上記文章は、弊社の資料と、その他の資料(法被-Wikipedia半纏-Wikipedia)などを参考に作成しております。

本染め半纏

 水野染工場では、本染めで半纏を製作する場合、主に引染と捺染という技法で職人が丁寧に染め上げます。
 引染は、大小様々な刷毛を使用して、ひとつひとつ染めていきます。
 ※詳しくは引染の作業工程ページをご参照ください。 

 捺染は、スキージ(大きなヘラのようなもの)を使用して、連続的に染めていきます。
 ※詳しくは捺染の作業工程ページをご参照ください。
 捺染の作業風景を、以前のブログ「半纏を染めています」でもご紹介しています。
 
 捺染での染色は、比較的安価に制作できます。
 枚数が多くなると、大量生産できる捺染での製作が主流となります。

 昔ながらの風合いや、色の裏通りにこだわりを持っているお客様は、引染での染色をご希望される場合が多いです。
 また、藍染半纏の製作、正絹(羽二重、富士絹)や化繊生地を使用した半纏も承っております。
 
 お客様のご要望、用途などに合った染色方法をご案内致しますので、お気軽にご相談下さい。
 
刷毛とスキージ

半纏を仕立てる

半纏を仕立てている写真
水野染工場では、お客様のご要望に合った半纏を染色から縫製まで一貫生産しております。
当社担当デザイナーがお客様のご要望をダイレクトに染職人、仕立て職人に伝えますので、こだわりの半纏をお作りすることができます。
また、短納期対応を常に意識し、1人でも多くのお客様に良質な半纏をお届けしたいと考えております。
「こだわりの半纏を作りたい。」、「この日まで作ってほしい。」など、お気軽にご相談ください。

半纏を染めています

捺染で半纏を染めている写真
こんにちは、水野染工場です。
当社がある北海道旭川市は、師走に入りすっかり雪景色です。
工場では、年末年始のお届けを予定している半纏を染めています。
上記写真の技法は、捺染(なせん)と呼ばれる本染技法です。
スキージという大きなヘラを使って、色ムラにならないように、職人が1点1点集中して綿生地に染めていきます。