本染め半纏


 水野染工場では、本染めで半纏を製作する場合、主に引染と捺染という技法で職人が丁寧に染め上げます。
 引染は、大小様々な刷毛を使用して、ひとつひとつ染めていきます。
 ※詳しくは引染の作業工程ページをご参照ください。 

 捺染は、スキージ(大きなヘラのようなもの)を使用して、連続的に染めていきます。
 ※詳しくは捺染の作業工程ページをご参照ください。
 捺染の作業風景を、以前のブログ「半纏を染めています」でもご紹介しています。
 
 捺染での染色は、比較的安価に制作できます。
 枚数が多くなると、大量生産できる捺染での製作が主流となります。

 昔ながらの風合いや、色の裏通りにこだわりを持っているお客様は、引染での染色をご希望される場合が多いです。
 また、藍染半纏の製作、正絹(羽二重、富士絹)や化繊生地を使用した半纏も承っております。
 
 お客様のご要望、用途などに合った染色方法をご案内致しますので、お気軽にご相談下さい。
 
刷毛とスキージ