アドビ社のフォトショップで作成したデータを入稿する場合

旗・半纏・暖簾・幟のオーダー製作|水野染工場
データ入稿の詳細について-Photoshop編

1.はじめに

データ入稿前に必ずご確認ください
チェック画像 基本的に入稿していただくデータの拡張子は「 .psd」です。
※統合されたJPEGデータ(拡張子が.jpg)と一緒に入稿いただくと、色調整やフォント補正などが可能になります。
※当社で保有していないフォント(文字)をご使用の場合、フォントが自動変換して表示されます。
※フォントが自動変換した場合、統合されたJPEGデータを元にトレース作業を行ないます。
※JPEGデータ(拡張子が.jpg)のみ入稿も可能ですが、実寸サイズで解像度が180dpi以上が必須となります。
※JPEGデータ(拡張子が.jpg)のみ入稿の場合、細かな色調整ができないことを予めご了承ください。
※見積依頼の際にイメージとしてご提示いただくデータは「.psd」以外でも大丈夫です。
チェック画像 フォルダ名やファイル名に、機種依存文字、環境依存文字、「¥」「;」「.」「*」「/」「?」などはご使用しないでください。
※ドットから始まるファイル名(.example.aiなど)は弊社の環境では表示されませんので、使用しないでください。
※Macintoshで作成したデータの場合は、英数半角でファイル(フォルダ)名をつけてください。
チェック画像 画像を配置している場合、画像は「埋め込み」または「リンク」のどちらでも可能です。
※リンクする画像がある場合は、英数半角でリンク先を指定し、そのリンク先画像も必ず一緒に入稿してください。
※画像は、実寸サイズで180dpi以上の解像度があるものをご利用ください。(当社推奨の解像度は300dpiです。)
チェック画像 基本的にカラーモードRGBで作成してください。
※カラーモードをCMYKにする必要がある場合、予め弊社スタッフからご連絡差し上げます。
Photoshopドキュメントカラーモードの設定方法
フォトショップドキュメントカラーモードの設定方法の画面

「イメージ」→「モード」→「RGBカラー」にする。

設定されますと、カラーモードはRGBカラーになります。

カラーモードはPhotoshopのウィンドウでも確認する事ができます。

RGBブレビューの画面

2.データ作成時の注意点

■サイズや解像度についてのご説明はこちら > データサイズ・画像解像度について

レイヤーはグラデーションごとに作成してください。(色調整をする際に必要になります。)

このページのTOPに戻る

3.その他について

■著作権について、ロゴやイラストなど著作権が発生するものは、使用許可の確認後の製作になります。

使用許可について事前にご確認ください。

■トンボ(トリムマーク)は必要ありません。

更新情報

2017/04/28
4月29日、30日、5月3日~7日までがG.W.のお休みとなります。
※5月1日、2日は営業しております。
お客様の声

お客様からいただいたお写真を掲載しております。

  • 水野染工場Yahoo!ブログ『印染のいろは』
  • 水野染工場Googleブログ『染物語瓦版』
  • 水野染工場Twitter
  • 水野染工場Google+