神社幟(神社のぼり)の生地について【水野染工場】

神社幟・神社のぼりの生地について
■神社のぼりの生地について
神社幟(のぼり)の生地は、丈夫な綿生地を使用します。
特に大幟(9尺以上)になりますと、79Aや11号帆布など綿生地の中でも厚くて丈夫な生地をお薦めしております。
また、神社幟用高級生地である榊(さかき)、幣(へい)もご用意しております。
舞布
【舞布】

ザックリした感じの少し厚手の生地です。

9A綾
【9A綾】

斜めに生地目がある綾織り生地です。

葛城(カツラギ)
【葛城(カツラギ)】

9A綾よりも厚手の綾織り生地です。

79A
【79A】

太い糸を密に織った丈夫な生地です。

11号帆布
【11号帆布】

一般の広巾木綿の中では厚手の生地になります。

榊(さかき)
【榊(さかき)】

11号帆布よりも厚手の生地です。高級生地になります。

幣(へい)
【幣(へい)】

榊(さかき)よりも厚手の生地です。高級生地になります。

お客様のご希望や用途によって、適した生地をご提案いたします。
生地サンプルをご希望の場合は、お問い合わせ時にお申し付け下さい。
デザイン校正・生地サンプル無料
■デザイン校正が無料です。
ご希望のデザイン、サイズ、枚数などをお問い合わせ下さい。
当社担当者が無料にて校正デザインを製作し、お見積りと一緒にご連絡致します。
復元作業工程
お客様が現在ご使用されている神社幟を見本に、職人が復元制作致します。

更新情報