袋仕立ては、取り付け簡単、絡みにくいのが特徴

袋仕立ての特徴について

取り付けと取り外し簡単、絡みにくい
袋仕立て
「演舞中に旗が絡まってしまう・・・」というお悩みの声を、旗士の皆様から頂戴し、絡みにくい仕立て方を水野染工場で開発しました。
ポールへの取り付け、取り外しも簡単です。(1~2人ほどの人数で、5分程度でセッティングや片づけが可能です。)
説明図
仕立て方説明図
袋状に仕立てた部分にポールを通し、紐を結んで付ける部分
を最下部の一か所のみにした仕立て方です。
ポールに取付け易く、絡みにくいのが特徴です。
通常のハトメに紐を通し、ポールやリングに結び付ける仕様
の場合、
「演舞中に金具や紐の結び目に旗が絡んでしまう。」
「紐の数が多いので、セッティングするのに時間がかかる。」
という声を旗士の方からお聞きし、絡みにくく、取り付け易い
仕立て方はないものかと、試作を重ね、実際に試作品を旗士
の方に振ってもらい、試行錯誤の末、この形になりました。
紐付けリングが付いていないポールやグラスファイバーポー
ルをご使用の場合は、是非お勧めです。
新しく製作する旗はもちろん、現在ご使用中の旗もこの袋仕
立てにすることが可能です。
ご希望の場合は、お気軽にご相談ください。
取付け
取り付け手順画像1

ポールの先端から袋部分を入れ、元竿の方へ通していきます。

上部画像のように、ポールが地面に対して並行になるように、2人で持つとセッティングがスムーズにできます。

取り付け手順画像2

たるまないように、袋の先端までポールが入るように引っ張ります。

コツは、靴下を履くときのように、丁寧に少しずつ通していくと、結果的に早く通すことができます。

取り付け手順画像3

袋の下にあるハトメに紐を通して、ポールに結び付けます。

結んだ後に、紐とポールをビニテープで固定すると演舞中のズレ防止に効果的です。

取り外し画像
当社袋仕立てのこだわり

振り旗を袋仕立てにして使用した場合、激しい演舞によってポールの先端と地面が擦れたり、パレード演舞での移動でポールの先端を引きずったりすることによって、袋部分の先端に穴が開きやすくなります。

そこで袋部分の先端には補強のために、擦れに強く、破れにくい、帆前掛けの生地を使用しています。

袋部分の詳細画像

※基本的に袋部分の生地は、グラスファイバーポールの色に合わせて、黒い生地を使用しています。予めご了承ください。

モニター様のからの声

実際に第24回YOSAKOIソーラン祭りで使用してもらいました。

絡まなくて、準備が簡単でいい感じです
袋仕立てなら絡まってもすぐに元通り

実際に袋仕立て仕様の旗を振っている動画をご覧ください。

2種類のよさこい旗とも当社オリジナル袋仕立て仕様です。

主に映っている旗士様が持っているポールが当社オリジナルグラスファイバーポールです。

旗のサイズは縦4m×横5mで、旗士様の身長は、178cmです。

※画面上にマウスを移動すると、右下に「設定」アイコンが表示され、画質を調整できます。

※画質720pHD以上で鮮明にご覧頂けます。

メールでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ:0166-29-0000