Column

ホーム » コラム » 染物の定番模様とは ? 基本の絞り方8パターン

染物の定番模様とは ? 基本の絞り方8パターン


染物の定番模様とは?基本の絞り方8パターン

絞り方によって様々な美しい模様が表現できる染物。

絞り染めは、生地の一部を縛ったりつまんだりして圧力をかけて、染料が染み込む部分と染み込まない部分を作ることで、模様を作り出す技法の一つです。

そこで今回は、絞り染めの基本の絞り方8パターンをご紹介します。


絞り方 1:筒巻き絞り

染物の絞り方1:筒巻き絞り
まず絞り方の一つ目は、生地を筒状のものに巻き付けて、しわを寄せながら一定方向に向かって生地をたくし上げて染める「筒巻き絞り」。

水面にできる「さざ波」のような美しい模様が特徴です。

絞り方 2:棒絞り

染物の絞り方2:棒絞り
筒巻き絞りと同じ要領で、割り箸などを芯にして生地を巻きつけ、端の方へギュッと寄せて輪ゴムで止めて染める「棒絞り」。

筒巻き絞りと同じように、水面の揺らぎや夜空など爽やかな模様が表現できる絞り方です。

絞り方 3:雪花絞り

染物の絞り方3:雪花絞り
愛知県の有松に古くからある板締め絞りのひとつ「雪花絞り」。

絞り方は、まず生地を幾何学的に折り畳み、三角の板などで挟みます。
次に板がずれないように、ゴムなどでしっかり固定してから、染料で染めると、雪の結晶や花のような華やかな模様が浮かび上がります。

絞り方 4:巻き上げ絞り

染物の絞り方4:巻き上げ絞り
紐を巻き上げて模様の輪郭を作り、染め上げる絞り染め技法のひとつ「巻き上げ絞り」。

絞り方は、生地に同じ幅でヒダを寄せたり、蛇腹に折り畳んだりした後に、ゴムや紐などを巻き付けて染めていきます。

ヒダの寄せ方や紐の巻き付け方などによっても白地の出方がわかるため、どの部分を染色するかが腕の見せ所です。

絞り方 5:むらくも絞り

染物の絞り方6:むらくも絞り
染め上がりが雲間のような模様のデザインになる「むらくも絞り」。

むらくも絞りは、生地を両手の指でわし掴み、ランダムにヒダを寄せてゴムで固定します。ヒダの大きさや固定の強弱によって染まる面積に差が出るため、全体的に濃淡のある模様が特徴的です。

絞り方 6:輪っか絞り

染物の絞り方6:輪っか絞り
ランダムな丸い模様が特徴の「輪っか絞り」。
実はこの絞り方は、ビー玉やスーパーボールと輪ゴムを使っています。

染め方は、生地にビー玉などを包んで、輪ゴムでその根本をしっかりと絞ってから染色していきます。
どこに模様を持ってきたいかイメージしやすいので、生地全体の模様として表現したり、染物のポイントとして使ったりと、デザインを考えるのが楽しい絞り方です。

絞り方 7:折り絞り

染物の絞り方7:折り絞り
生地を均等に屏風折にして輪ゴムでとめて染めるのが「折り絞り」です。

屏風状に折り畳んで染めることで、連続した模様を表現できるのが特徴で、折り方次第で様々なパターンを生み出すことができる絞り方です。

絞り方 8:縫い絞り

絞り方8:縫い絞り
生地に模様を付けたい部分を糸で縫い、ギュッと締めてから染めるのが「縫い絞り」です。

糸で縫ったところに圧力がかかっているので、その部分には染料が入らず白く残ります。縫い目の幅や布の厚さなどによって、様々な模様が表現できる絞り方です。
藍染の絞り方によって表現できるデザインについては、こちらの記事でもご紹介しています。

伝統的な藍染をもっと近くに

伝統的な藍染製品を取り扱う水野染工場「日比谷オクロジ店」
- 世界中を、感動で染める -
水野染工場では印染商品を中心に、図案から染色、縫製までを一貫して制作。様々な伝統技法を用いて、お客様の「想い」に寄り添う商品をひとつひとつ、心を込めて染め上げます。

日比谷オクロジ店

水野染工場「日比谷オクロジ店」では、手ぬぐい、半纏、旗・・・など、フルオーダー製品のお悩みやご不安な点などを、直接ご相談いただけます。
また、各種藍染製品、染物体験(予約制)などもご用意しておりますので、ぜひ染物をお手に取ってご体感ください。
    水野染工場「日比谷オクロジ店」
  • 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目7-1 JR高架下
  • ・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・東京メトロ銀座駅 徒歩6分
  • ・東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
  • ・都営地下鉄内幸町駅 徒歩5分

藍で人と自然を結び、藍で人と人が繋がり、藍で楽しむ

藍染体験ができる「藍染結の杜」
- 世界中が、藍を楽しむ -
自然豊かな美瑛町で、原料となる藍の栽培から藍染を行い、人と自然を藍で結びたい。そして美瑛町の景色にある美瑛ブルーと藍染の色合いが重なり合い、伝統的な美しさを新しいカタチで表現していきます。

藍染結の杜

藍染結の杜には、藍染体験(予約制)、各種藍染製品のショップ、藍茶が飲めるカフェがあります。
北海道美瑛町の絶景を一望できる丘が敷地内にあり、写真スポットとしてもお勧めです。
<
    藍染結の杜(あいぞめゆいのもり)
  • 〒071-0474 北海道上川郡美瑛町字拓進(拓真館前)
  • ・JR美瑛駅から車で約15分、レンタサイクルで約40分​
  • ・旭川空港から車で約30分
  • ・JR旭川駅前から車で約45分

各種印染製品のオーダーメイドについて

水野染工場では、半纏(法被)、暖簾、大漁旗、幟、社旗、旗(フラッグ)など、各種印染製品のオーダーメイドを承っております。
>>商品一覧を見る
オーダーメイドに関するご相談は下記よりお願いいたします。

関連商品・おすすめ商品

コラムを商品別で探す