よさこい衣装・踊り衣装用半纏・法被の仕立て方|水野染工場

よさこい衣装・踊り衣装の製作販売

よさこい衣装・よさこい衣装長半纏の仕立て方について
よさこい衣装・よさこい衣装長半纏の仕立て方について
主な袖の形
通常仕立て
袖なし
振袖/角袖
飾り袖
振袖/元禄袖
船底仕立て
逆鉄砲
【よさこい衣装・踊り衣装用半纏・法被の袖について】
図解でご紹介した袖の他にも、様々な仕立て方を承っております
ご希望の仕立て方がございましたら、お気軽にご相談下さい。
【振り袖の丈について】
弊社では、振袖型よさこい衣装の袖丈は60cm以内をお勧めしております。
激しい踊りを前提としておりますので、演舞中のメンバー同士の接触による衣装の破損を避ける為です。
一般的に振袖は、下記の3種類に分別されます。
 
小振袖
袖丈が鯨尺で二尺(約76cm)程です。
着用したときに袖の端は膝の辺りまであります。
 
中振袖
成人式、卒業式などで一般的に着る振袖です。
袖丈が鯨尺で二尺三寸~二尺八寸(約87~106cm)です。
着用したときに袖の端が脛(スネ)の辺りまであります。
 
大振袖
袖丈をとりわけ長く仕立てた振袖です。
「本振袖」とも呼ばれます。
結婚式や披露宴の花嫁衣裳など、正式な儀式の礼装として着用されます。
袖丈が鯨尺で三尺(約114cm)です。
着用したときに袖の端が踝(くるぶし)の辺りまであります。
振袖の袖丈
半纏・法被の衿・裾の仕立て方
伊達衿仕立て
伊達衿仕立て
重ね着しているかのように、衿を2重に仕立てます。
※主に、よさこい衣装でよく使用する仕立て方です。
おくみ仕立て
おくみ仕立て
着物のように帯をするよさこい衣装に多く用いられます。
身巾を狭くとる場合、前合わせが不足し、開き易くなってしまいます。
そのため、着物や浴衣のように上前、下前に生地をハギ足して、前合わせの部分を多くします。
※主に、よさこい衣装でよく使用する仕立て方です。
裾スリット仕立て
裾スリット仕立て
身丈の長い半纏・法被になると、下半身が拘束されがちになりますので、膝下にスリットを入れて動き易くする仕立て方です。
※主に、よさこい衣装でよく使用する仕立て方です。
お問い合わせ方法
電話お問い合わせ
メールお問い合わせ
FAX・郵送お問い合わせ