Column

ホーム » コラム » 法被は自宅で洗濯できる?染物製品の洗い方とは?

法被は自宅で洗濯できる?染物製品の洗い方とは?


法被は自宅で洗濯できる?染物製品の洗い方とは?

お祭りやイベントで粋な雰囲気を演出する法被や半纏ですが、使用後は洗濯していいのか迷ったことはありませんか?

自宅での洗濯はできる?クリーニングに出さなきゃいけない?
洗濯の際に、洗剤は使っても大丈夫?
特に藍染の法被や半纏は繊細そうで、どうしたらいいかわからない・・・

・・・など、悩む方も多いはず。
そこで今回は、法被や半纏の洗濯方法についてご紹介します。


法被は自宅で洗濯できる?

洗濯が難しそうなイメージがある法被や半纏などの染物製品ですが、実は自宅で洗濯することが可能です。

手洗いはもちろん、製品によっては洗濯機も使用できます。

洗濯機を使用する際に注意するのは、他の衣類とは分けて洗濯することと、濡れたまま放置すると色移りの原因となるため、脱水後はすぐに陰干しすることがポイントです。
法被の洗濯表示タグ
自宅で洗濯をする際には、法被や半纏についている洗濯表示に、それぞれの製品に適した洗い方や水の適温などが明記されているので、洗濯前に確認しておきましょう。

法被を洗濯するタイミングは?

自宅で洗濯できると言っても、何度も洗濯してしまうと色落ちや型崩れが心配だから、できるだけ回数を抑えたい…という方もいるかもしれません。

では、最適な法被の洗い時とはいつでしょうか?

実は水野染工場では、法被を使用した際は、汗などによる色移りを防ぐ為、すぐに洗う事をお勧めしています。

法被は普通の衣服と同じように、汚れたらすぐに洗った方が汚れが落ちやすいため、使用後はできるだけ放置せずに洗濯しておくことが大切です。

法被を洗濯する際の注意点

法被や半纏などの染物製品は、使うほどに増していく風合いを楽しむのも魅力の一つですが、できるだけ購入後の状態を保ちたいという方もいらっしゃるはず。

では、どうすれば法被を洗濯する際にできるだけ色落ちや型崩れを防げるのか、洗い方・干し方の注意点をまとめます。

洗濯時のポイント

法被を洗濯する際は、ご家庭で一般的に使用されている弱アルカリ性洗剤で洗うことができます。

ただ、汚れを落とそうと大量の洗剤を使っても、生地に余計なダメージを与えるだけで、汚れを落とす効果は変わらないため、洗剤は適量を使うようにしましょう。
法被を洗濯する際の注意点
また同じ弱アルカリ性洗剤でも、蛍光剤や塩素、酵素の入ったものを使用すると、色落ちして白っぽくなってしまう可能性があります。

さらに、洗濯で法被を色落ちさせないように注意しておきたいのが、洗濯する際の水です。
実は、水道水には色褪せの原因となる塩素が含まれています。
そのため、流水を直接生地に当てないように注意が必要です。

尚、洗濯する際の水の温度は、通常の水温で大丈夫です。
化繊製品でなければ30度前後のぬるま湯が汚れを落とすのに最適です。
汚れが酷いときは、40度でも大丈夫です。

干す時のポイント

法被の洗濯が終わったら、太陽光の元、すぐに乾かした方が変色・退色しません。
または変色・退色してしまわないように形を整えて「陰干し」にしてください。
尚、法被を干す際は、裏返しにしておいた方が安心です。

法被や半纏などの染物製品は、濡れた生地同士が張り付いた状態で乾燥させると、色移りしてしまう可能性があるため、干す際には注意が必要です。

また、乾燥機はおすすめしません。
乾燥機は高温で乾燥させるため法被が大きく縮んでしまったり、乾燥機の中で生地同士が擦れてしまい色褪せてしまったりする可能性があるため、使用を控えておいた方が良いでしょう。

染色方法別 法被の洗濯方法

染色方法別の法被の洗濯方法
法被や半纏などの染物製品が自宅で洗濯できると言っても、染色方法によって洗濯方法が少しずつ異なります。
そこで、染色方法別にどうすればよいか適切な洗濯方法をそれぞれご紹介します。

引染・捺染

引染または捺染で染められた法被・半纏の場合は、ご家庭の洗濯機で20℃~40℃位の温水を使って洗濯して下さい。

また引染や捺染の場合、洗濯時にほとんど色は出ませんが、念のため他の洗濯物と分けて洗う方が良いでしょう。

また、漂白剤・酵素入りの洗剤は色落ちするのでNGです。
特に濃色系統の法被を洗う際は、「白さが増す」蛍光増白剤入りのもので何回も洗濯してしまうと、白っぽくなる事があるので注意が必要です。

尚、引染や捺染で染められた法被・半纏は、自宅での洗濯以外にもドライクリーニングも可能です。

藍染

藍染の法被は基本的に洗濯を避けてください。
どうしても洗濯したい場合には、水でさっと手洗いし、絞らずに陰干しするようにしましょう。
藍染の法被は、藍が落ち着くまでに多くの年月を要すため、当初は着衣や肌などに色が付着しますが、色が移ってしまっても、石鹸で簡単に落とすことができるため、洗濯する場合は、漂白剤・酵素入りの洗剤は絶対に使用しないでください。
また、ドライクリーニングも適していないので、やめておいた方が良いでしょう。

顔料

顔料を使った法被は、衣類同士の擦れによる色移り度合いを示す「摩擦堅牢度」が弱いため、洗濯は基本的に避けて、水で軽くすすぐ程度にしておいた方が無難です。

伝統的な藍染をもっと近くに

伝統的な藍染製品を取り扱う水野染工場「日比谷オクロジ店」
- 世界中を、感動で染める -
水野染工場では印染商品を中心に、図案から染色、縫製までを一貫して制作。様々な伝統技法を用いて、お客様の「想い」に寄り添う商品をひとつひとつ、心を込めて染め上げます。

実店舗のご案内

水野染工場「日比谷オクロジ店」では、手ぬぐい、半纏、旗・・・など、フルオーダー製品のお悩みやご不安な点などを、直接ご相談いただけます。
また、各種藍染製品、染物体験(予約制)などもご用意しておりますので、ぜひ染物をお手に取ってご体感ください。
    水野染工場「日比谷オクロジ店」
  • 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目7-1 JR高架下
  • ・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・東京メトロ銀座駅 徒歩6分
  • ・東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
  • ・都営地下鉄内幸町駅 徒歩5分

各種印染製品のオーダーメイドについて

水野染工場では、半纏(法被)、暖簾、大漁旗、幟、社旗、旗(フラッグ)など、各種印染製品のオーダーメイドを承っております。
>>商品一覧を見る
オーダーメイドに関するご相談は下記よりお願いいたします。

関連商品・おすすめ商品

コラムを商品別で探す