Column

ホーム » コラム » 日本人なら知っておきたい法被の由来や歴史とは?

日本人なら知っておきたい法被の由来や歴史とは?


日本人なら知っておきたい法被の由来や歴史とは?

祭りやイベントの衣装と聞いてすぐに思い付くのが、法被や半纏などの伝統的な衣装です。

そんな法被ですが、いつ頃から祭りの際に法被が着られるようになったのか、法被という名前の由来は何なのかなど、ご存じでしょうか?

今回は、日本人としてぜひ知っておきたい法被の由来や歴史について、ご紹介したいと思います。


法被という名前の由来とは

法被とは、「半臂(はんぴ)」という平安時代以降に皇族や公家の正装となった束帯(そくたい)を着る際の下着が名前の由来になったと言われています。

元々の発音「はんぴ」が変化して「はっぴ」という発音になり、現在に至っています。

法被の歴史とは

もともと法被は、胸紐つきの単衣(ひとえ)で、江戸時代に武家社会から生まれ、背中に家紋を大きく染め抜いたもので、襟を返して着用していたようです。

一般市民が法被を着始めたのは、江戸時代に羽織禁止令が出た頃から。

江戸時代の羽織禁止令により、一般庶民は羽織の代わりに、制服やユニフォームとしての役割を持った衣装として法被を着用し始めました。

この頃から、「襟や背中に屋号や家紋を染め抜いた、襟を返さない法被」が、「印半纏」として庶民に普及していき、職人や商家の使用人が日常的に着るもの、町火消が着るものなど、種類を増やしつつ、人々の生活に根付いていきました。

また現在のように、祭りなどの行事の際に法被が着られるようになったのも、同じように江戸時代からだと言われています。

江戸時代の労働者階級によって運営されていた祭りにおいて運営者を判別し、正装として用いていたことから、今もなお、祭りなどの行事で法被が使われているようです。

お祭りで法被や半纏を着るのは、祭りが始まった当時の正装を再現しているのかもしれません。

「祭り=法被」が定着したのは大阪万博から

「祭り=法被」が定着したのは大阪万博から
「法被」と「半纏」の違いについては諸説あり、衣服の歴史的な観点からもはっきりしないのですが、江戸時代末期から区別がなくなっているようです。

しかし神事などで使われる際は、静岡県の大井川を境として神輿を担ぐ東側の地域は「半纏」、山車を引く西側の地域は「法被」と呼ぶことが多く、地域によって使い分けがされています。

逆に、神事などの本格的なものではない場合、一般的には「法被」の方が多く使われているのではないでしょうか?

というのも、日本各地で伝統的な祭りの人気が復活してきた昭和40年代頃、大阪万博でイベント用として「法被」を用いた事から、世間一般に「法被」という言葉が定着し、現在では、祭りだけでなく企業やお店のイベントなどでも「法被」と呼ばれ着用される事が多いようです。

また「半纏」と言うと、中に綿の入っている「綿入れ半纏」のイメージが強くあることからも、一般的な祭りやイベントの際に着るのは「法被」という使い分けをしている人が多いように感じます。
尚、水野染工場では「法被=半纏」とさせていただいております。
詳細はこちらの「半纏と法被の違いについて」 をご確認ください。

現代における法被とは

もとは羽織の代わりとして広まっていった法被ですが、現在ではその使用用途は広がっています。

祭りの衣装として

本格的な神事や、町の祭りやイベントの衣装として欠かせない法被。

法被には、背紋や衿に神輿会や町内会などの名前やロゴなどを入れて、皆で揃って着用することで、一体感を出して祭りを盛り上げる効果もあることから、最近では、体育祭やスポーツイベントなどの応援衣装としてや、アーティストのライブ衣装としても使われることもあります。

制服やユニフォームとして

法被には、祭りの衣装としての活用方法以外に、制服やユニフォームとしての役割もあります。

例えば、消防団や造園業の場合、ユニフォームとして法被を着用することも多いです。
また、和太鼓やよさこいなどのチーム衣装としても使われていることが多く、法被は現代でも幅広い用途で活用されています。
職人が一点一点丁寧に製作する法被(はっぴ)や半纏(はんてん)、帯などの小物についての詳細はこちらの「半纏・法被」ページをご参照ください。

伝統的な藍染をもっと近くに

伝統的な藍染製品を取り扱う水野染工場「日比谷オクロジ店」
- 世界中を、感動で染める -
水野染工場では印染商品を中心に、図案から染色、縫製までを一貫して制作。様々な伝統技法を用いて、お客様の「想い」に寄り添う商品をひとつひとつ、心を込めて染め上げます。

実店舗のご案内

水野染工場「日比谷オクロジ店」では、手ぬぐい、半纏、旗・・・など、フルオーダー製品のお悩みやご不安な点などを、直接ご相談いただけます。
また、各種藍染製品、染物体験(予約制)などもご用意しておりますので、ぜひ染物をお手に取ってご体感ください。
    水野染工場「日比谷オクロジ店」
  • 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目7-1 JR高架下
  • ・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・東京メトロ銀座駅 徒歩6分
  • ・東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
  • ・都営地下鉄内幸町駅 徒歩5分

各種印染製品のオーダーメイドについて

水野染工場では、半纏(法被)、暖簾、大漁旗、幟、社旗、旗(フラッグ)など、各種印染製品のオーダーメイドを承っております。
>>商品一覧を見る
オーダーメイドに関するご相談は下記よりお願いいたします。

関連商品・おすすめ商品

コラムを商品別で探す