Column

ホーム » コラム » 大漁旗に込められた意味や歴史について

大漁旗に込められた意味や歴史について


大漁旗に込められた意味や歴史について

漁に出た漁船が大漁だった時、港で待つ家族や仲間へいち早くその成果を知らせるために船上に掲げるようになったといわれている大漁旗。

青空に掲げれた大漁旗は、鮮やかな色合いや大きく入れた文字が印象的ですが、そこには一体どんな意味が込められているのでしょうか。

今回は、大漁旗の意味や歴史を詳しくご紹介していきたいと思います。

大漁旗の由来や歴史について

大漁旗に込められた意味や歴史について

古くは江戸時代から始まった習慣として、豊漁の際に漁船に掲げられていた大漁旗。
その華やかなデザインに注目が集まり、最近では誕生日や初節句などのお祝い事などでも使う人も増えてきました。

しかし、その起源については諸説があります。

一つは11世紀頃に日本から漁に出た船を識別するためにつけられた船印が大漁旗の由来とする説。
昔は今のように携帯電話などの伝達ツールがなく、沖に出ている遠く離れた船からでも見えるように大きな旗で知らせるしかありませんでした。

また同じ頃、大漁祝いの慶事(萬祝)に網元から網子へと配られる引出物の「萬祝着(まいわいぎ)」として贈られていた着物仕立の衣裳の豪華な図柄(鶴亀・松竹梅・宝船・富士)などを用いて、沖合いから港に大漁を知らせる伝達方法にしていたなど、いろんな説が存在します。

また現代では大漁を知らせる報告だけでなく、新しい漁船を初めて海へ浮かべる時に行われる「進水式」にも使われています。

海に出る漁師は常に危険と隣り合わせの仕事。地域によって風習が異なることもありますが、みんなで出航の安全や大漁のお祈りをする進水式はとても大切な行事です。

そんな場面で使われる大漁旗は、漁師にとって信念の象徴ともいえるかもしれません。

「大漁旗」の正しい読み方は?

大漁旗は、「たいりょうき」「たいりょうばた」の2つの読み方がありますが、水野染工場では「たいりょうばた」の読み方が多く見受けられます。

お客様へのご案内の際は、ご用命いただいた読み方にてご案内を心がけております。

大漁旗のデザインに込められた意味とは

大漁旗のデザインに込められた意味とは

たくさんの色を使った独特なデザインが目を引く大漁旗の絵柄。
お祝い事で使用されることを前提として作られているため、縁起物としておめでたいものをモチーフにした様々なデザインが存在します。

実際、水野染工場でも慶事(祝い事)に合う華やかなデザインを意識して図案を作成しています。

大漁旗のデザインについては、元来の目的であった「祝大漁」「船名」「贈主名」が遠くからでも、はっきりとわかるように骨太な文字で染め抜かれているデザインが一般的でした。

しかし、近年では結婚祝・節句祝・新築祝・開店祝など贈られるシチュエーションも幅が広がり、それに伴って図柄も多様化していきました。

多色のグラデーションを用いた図柄や似顔絵や写真を用いたもの、内装などに合わせたモノトーンの色彩や渋みのあるものなど、そのデザインも多彩になっています。

大漁旗に描かれる文字・絵柄

大漁旗によく登場する文字や絵柄の一例をご紹介します。

【文字】

大漁旗に描かれる文字は以下のようなものが中心ですが、贈られる船名やお名前、スローガンなどを入れられる方も多くいます。

  • 祝大漁
  • 祝進水
  • 祝節句
  • 祝誕生
  • 商売繁盛

【絵柄】

日本の象徴的な吉兆柄が好まれており、下記の例のほかにも節句旗であれば「金太郎」「お雛様」などのデザインも存在します。

  • 波柄に魚と太陽
  • 鶴亀(長寿の象徴)
  • 富士山
  • 宝船
  • 七福神
  • 赤富士 など

大漁旗が使われる場面

大漁旗が使われる場面

漁船を新造する時の進水式に合わせて贈るほか、結婚のお祝いに友人一同を贈り名にして贈る場合や、子供や孫の誕生にあわせて節句旗として両親・祖父母から贈る場合もあります。

そのほか、退職祝として有志一同で贈る事や、スポーツ観戦での応援旗として大漁旗をご利用されている例など様々なシーンで活用されています。

大漁旗のめずらしいデザイン・船に掲げる以外の用途例

これまで水野染工場で作った、めずらしいデザインや船に掲げる以外の用途の一例をご紹介いたします。(当社では応援旗や贈答用の記念品として大漁旗が人気です。)

●ラグビーチームの応援旗として

ラグビーチームの応援旗として

●お気に入り歌の歌詞をいれた大漁旗

お気に入り歌の歌詞をいれた大漁旗

●大漁旗風に作ったトラクター用の小旗

大漁旗風に作ったトラクター用の小旗

●オーストラリアとの犬舎の交流の証の旗として

オーストラリアとの犬舎の交流の証の旗として

●卒業記念にお世話になった先生への贈り物として

卒業記念にお世話になった先生への贈り物として
これらの他にもデザインを見たい人は、「お客様の声」のページにも参考にしてみてください。
これまでオーダーをいただいた様々な用途やデザインをたくさんご紹介しています。

大漁祈願や進水式をはじめ、ハレの日や伝統行事の贈り物として、水野染工場の数ある商品の中でも人気の高い大漁旗。

いろいろな場面で活躍する祝い旗、贈りたい方への思いをかたちにするお手伝いを私どもにさせて下さい。

ご希望の文字や図柄をお伝えいただきましたら、弊社デザイナーがオリジナル図柄を無料にて製作致します。
何か気になることなどありましたら、ぜひお気軽にお申し付け下さい。

伝統的な藍染をもっと近くに

伝統的な藍染製品を取り扱う水野染工場「日比谷オクロジ店」
- 世界中を、感動で染める -
水野染工場では印染商品を中心に、図案から染色、縫製までを一貫して制作。様々な伝統技法を用いて、お客様の「想い」に寄り添う商品をひとつひとつ、心を込めて染め上げます。

実店舗のご案内

水野染工場「日比谷オクロジ店」では、手ぬぐい、半纏、旗・・・など、フルオーダー製品のお悩みやご不安な点などを、直接ご相談いただけます。
また、各種藍染製品、染物体験(予約制)などもご用意しておりますので、ぜひ染物をお手に取ってご体感ください。
    水野染工場「日比谷オクロジ店」
  • 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目7-1 JR高架下
  • ・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・東京メトロ銀座駅 徒歩6分
  • ・東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
  • ・都営地下鉄内幸町駅 徒歩5分

各種印染製品のオーダーメイドについて

水野染工場では、半纏(法被)、暖簾、大漁旗、幟、社旗、旗(フラッグ)など、各種印染製品のオーダーメイドを承っております。
>>商品一覧を見る
オーダーメイドに関するご相談は下記よりお願いいたします。

関連商品・おすすめ商品

コラムを商品別で探す