Column

ホーム » コラム » 注染とは?注染の“てぬぐい”が持つ特徴とその魅力

注染とは?注染の“てぬぐい”が持つ特徴とその魅力


注染とは?注染の“てぬぐい”が持つ特徴とその魅力

日本人に古くから愛用されている“てぬぐい”。

肌触りや吸水性が良いため、てぬぐいには手拭き・汗拭きとしてだけでなく、物を包んだり、お祭り衣装として頭に巻いたり、会社のノベルティとして配布したりと幅広い活用方法がありますが、実は用途やデザインなどによって染色方法が使い分けられているのをご存じでしょうか?

中でも「注染」と呼ばれる染め方は、一度に多くのてぬぐいを染色することができるため、ノベルティや記念品などを作る際に選ばれている技法です。

そこで今回は、注染とはどのような染色技法なのか、また、てぬぐいの染色に注染が適しているのはどうしてかなど、創業明治40年の水野染工場が分かりやすくまとめます。

“てぬぐい”に活用される染色技法「注染」とは?

「注染」とは、染めない部分を糊で防染した状態で重ねた生地の上から染料を注いで染めるという日本の伝統的な染色技法の一つです。

注染は独特な染めムラが特徴的で、主にてぬぐいを染色する際に使用されますが、デザインの輪郭部分が滲みやすいため、細かい柄や多色デザインにはあまり向いておらず、単色で大柄のデザインを比較的安価で制作したい場合などにおすすめの染色方法になります。

てぬぐいを染める際の染色方法には、他にも様々な方法があり、主に前述した「注染」や細かい柄が得意な「捺染」、デジタルデータでの染色が可能な「ナッセンジャー」と呼ばれる技法がよく使われています。

てぬぐいの染色技法の違いについては、こちらの「手ぬぐいの歴史と柄がもつ意味」でも詳しくご紹介しています。

“てぬぐい”に注染が適している理由とは?

様々な染色方法がある中で、てぬぐいを制作する際に注染が選ばれているのには理由があります。

その理由で代表的なものと言えば、注染が持つ“ぼかし”の表現です。

注染を使って染め上げる場合は、輪郭部分の滲みを利用し、異なる色合いの色ぼかしの表現ができるため、輪郭をぼかしてふんわりさせるようなデザインだけでなく、色と色が混ざり合う絶妙なグラデーションを表現することができるのも魅力の一つだと言えるでしょう。

さらに注染は染料の裏通りが良く、糸自体を染め上げるため、完成後のてぬぐいは裏表なく使うことができます。その点も、汗拭きとしてだけでなく、物を包んだりファッションの一部として使ったりと様々な活用方法がある“てぬぐい”としては、嬉しいメリットになっています。

また他にも、注染は制作する際に価格が抑えられるという点も、てぬぐいの染色方法として選ばれている理由の一つです。

というのも、何度も色を重ねて染色する技法とは違い、注染であれば一工程で多色染めができ、さらにその一度で多くの枚数が染色可能であるため、他の染色技法で染められた“てぬぐい”より価格を抑えることができるから。日本の伝統的な染色技法でも比較的安価にオーダーメイドできることもあり、ノベルティや企業の記念品などでてぬぐいを作る際などに選ばれています。

注染で染め上げるおすすめの“てぬぐい”

日本の伝統的な染色技法の一つでもある注染の手ぬぐいですが、どのような染め上がりになるのか、水野染工場で制作した事例をいくつかご紹介します。

剣道用てぬぐい

剣道用てぬぐい

こちらの“てぬぐい”は、剣道の面を付ける時に使用するもので、道着の色と合わせた濃紺地に白抜き柄となっているため、文字と柄が映えるデザインになっています。

剣道用としてだけでなく、スポーツチームの名前やロゴなどを“てぬぐい”のデザインに入れて、皆でお揃いにして使うのもおすすめです。

<製品名>面手ぬぐい(剣道用手ぬぐい)
<サイズ> 約35×90cm
<生地>特岡
<染色方法>注染

オリジナル柄てぬぐい

オリジナルてぬぐい

こちらは、一度無地染めした生地に、抜染染色と呼ばれる抜き模様を表現する技法を使ってデザインした注染のてぬぐいで、注染特有の味がある染め上がりが特徴となっています。

<製品名>オリジナル柄手ぬぐい

<サイズ> 約35×90cm

<生地>特岡

<染色方法>注染

水野染工場の手ぬぐいは、職人が昔ながらの本染で一枚一枚、丁寧に染め上げています。

お客様のご希望に合わせて柄入れ、名入れなどオリジナルオーダーも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

手ぬぐいのお問い合わせ手順はこちら

伝統的な藍染をもっと近くに

伝統的な藍染製品を取り扱う水野染工場「日比谷オクロジ店」
- 世界中を、感動で染める -
水野染工場では印染商品を中心に、図案から染色、縫製までを一貫して制作。様々な伝統技法を用いて、お客様の「想い」に寄り添う商品をひとつひとつ、心を込めて染め上げます。

日比谷オクロジ店

水野染工場「日比谷オクロジ店」では、手ぬぐい、半纏、旗・・・など、フルオーダー製品のお悩みやご不安な点などを、直接ご相談いただけます。
また、各種藍染製品、染物体験(予約制)などもご用意しておりますので、ぜひ染物をお手に取ってご体感ください。
    水野染工場「日比谷オクロジ店」
  • 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目7-1 JR高架下
  • ・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・東京メトロ銀座駅 徒歩6分
  • ・東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
  • ・都営地下鉄内幸町駅 徒歩5分

藍で人と自然を結び、藍で人と人が繋がり、藍で楽しむ

藍染体験ができる「藍染結の杜」
- 世界中が、藍を楽しむ -
自然豊かな美瑛町で、原料となる藍の栽培から藍染を行い、人と自然を藍で結びたい。そして美瑛町の景色にある美瑛ブルーと藍染の色合いが重なり合い、伝統的な美しさを新しいカタチで表現していきます。

藍染結の杜

藍染結の杜には、藍染体験(予約制)、各種藍染製品のショップ、藍茶が飲めるカフェがあります。
北海道美瑛町の絶景を一望できる丘が敷地内にあり、写真スポットとしてもお勧めです。
<
    藍染結の杜(あいぞめゆいのもり)
  • 〒071-0474 北海道上川郡美瑛町字拓進(拓真館前)
  • ・JR美瑛駅から車で約15分、レンタサイクルで約40分​
  • ・旭川空港から車で約30分
  • ・JR旭川駅前から車で約45分

各種印染製品のオーダーメイドについて

水野染工場では、半纏(法被)、暖簾、大漁旗、幟、社旗、旗(フラッグ)など、各種印染製品のオーダーメイドを承っております。
>>商品一覧を見る
オーダーメイドに関するご相談は下記よりお願いいたします。

関連商品・おすすめ商品

コラムを商品別で探す