Column

ホーム » コラム » 端午の節句の由来と歴史 鯉のぼりだけじゃない節句飾りの種類とは?

端午の節句の由来と歴史 鯉のぼりだけじゃない節句飾りの種類とは?


端午の節句の由来と歴史 鯉のぼりだけじゃない節句飾りの種類とは?

現代では、5月5日は兜や人形、鯉のぼりなどを飾って子供の成長を祝う「こどもの日」のイメージが強いですが、もともとは古くから「端午の節句」として健康祈願・厄除けの意味を持つ行事でした。

そこで今回は、「端午の節句」の由来や歴史、そして端午の節句に欠かせない節句飾りの種類についてご紹介します。

端午の節句の由来と歴史

「端午の節句」とは、男児の健やかな成長と健康を願ってお祝いをする日で、年に5回ある節句「五節句」のうちの一つです。

この五節句は中国の陰陽五行説を由来としており、季節の変わり目に病気や厄災を祓うという目的から始まったと言われています。

【五節句】
1月7日 人日(じんじつ)
3月3日 上巳(じょうし)
5月5日 端午(たんご)
7月7日 七夕(しちせき)
9月9日 重陽(ちょうよう)

五節句が日本に伝わったのは奈良時代頃だと言われており、当時は邪気を払う行事として、菖蒲(しょうぶ)を飾ったり菖蒲湯に浸かったりしていたそうです。

現代のように端午の節句に男児の健やかな成長を願うようになったのは、江戸時代に入ってから。

端午の節句に飾られていた「菖蒲」の読みが、武道、軍事を重んずる「尚武(しょうぶ)」という言葉と同じだったことから、武家を中心に跡継ぎである男児の健康と成長を願う行事となりました。

鯉のぼり以外にも!端午の節句飾りの種類とは

端午の節句飾りの種類

五月人形

端午の節句に男子の健康と成長を願って飾られるのが、鎧兜や武者人形などの五月人形です。

鎧や兜を端午の節句に飾るようになったのは、武家の風習で身を護る道具として神社などに奉納していたことに由来しており、当時から男児の厄除けや出世の願いを込めて、節句飾りとして使われてきました。

鯉のぼり

五月人形とともに端午の節句に飾られるのが「鯉のぼり」。

もともと男児が生まれた際に、幟(のぼり)や戦国時代に所属を示す旗であった旗指物を掲げて祝っていたのですが、中国の故事に登場する「龍」にちなんで立身出世の象徴として鯉が描かれるようになったと言われています。

武者のぼり

武者のぼりは「武者絵のぼり」や「節句のぼり」とも呼ばれ、家紋と力強い武者の様子を絵柄として使っているのが特徴の“幟旗(のぼりばた)”のこと。

主に甲州・中部・九州地方の風習の一つで、昔から端午の節句の際に男児の誕生を祝って庭先などに飾られていましたが、近年では全国的に端午の節句の風習の一つとして、武者のぼりを利用することが増えてきています。

 武者のぼり

関連記事:「武者のぼりとは?節句を祝うのぼりの歴史と由来)」

大漁旗/祝い旗

 大漁旗/祝い旗の制作事例

江戸時代から始まった習慣として、豊漁の際に漁船に掲げられていた大漁旗ですが、その華やかなデザインが祝い事に適しているとされ、最近では誕生日や初節句などのお祝い事などでも使われるようになっています。

特に、端午の節句で飾られる鯉のぼりよりも飾る場所を選ばないことから、男児の誕生の際に名前を入れた大漁旗を祝い旗として贈ることが増えています。

関連記事:「大漁旗に込められた意味や歴史について」

端午の節句飾りの事例

お子様の名前を入れて作ることで、他にはない唯一無二の節句飾りとして、またお子さんやお孫さんの誕生記念としても人気のオリジナルオーダー。

ここで、これまでに水野染工場の熟練の染物職人が手掛けてきた節句飾りの一例をご紹介します。

大漁旗/祝い旗

 大漁旗/祝い旗の制作事例

こちらの祝い旗は、お孫さんの端午の節句祝いとして制作されたものです。
金太郎と上り鯉、そして赤富士という吉兆柄でデザインし、健やかな成長への願いを込めています。

サイズ 縦100㎝×横150㎝
生地 シャークスキン
染色方法 ナッセンジャー(機械捺染)

大漁旗/祝い旗

こちらも同じく端午の節句のために作られた祝い旗です。
三兄弟とのことで、デザインが同じものにならないように、それぞれモチーフを変えてデザインしています。

サイズ縦 90㎝×横135㎝
生地 テトロンツイル
染色方法 分散昇華染め(化繊染め)

武者のぼり柄の手ぬぐい

 武者のぼり柄手ぬぐいの制作事例

武者のぼり柄をデザインしたこちらの製品は、実はなんと手ぬぐいなんです。
限られたスペースでも手軽に飾ることができるため、現代の住宅事情に合わせて工夫した節句飾りとなっています。

サイズ 生地巾(約35㎝)×100㎝
生地 徳岡
染色方法 ナッセンジャー(機械捺染)

端午の節句の由来にちなんで健やかな成長を祈願する節句飾りを

お子様の成長を祝う為の端午の節句。

唯一無二の贈り物として、武者のぼりや祝い旗を贈ってみてはいかがでしょうか。

創業明治40年の水野染工場では、昔ながらの染色技術を使った祝い旗や武者のぼりなど、節句飾りのオリジナルオーダーも承っております。

詳細は下記のページをご覧ください。

大漁旗/祝い旗の詳細はこちら

武者のぼりの詳細はこちら

伝統的な藍染をもっと近くに

伝統的な藍染製品を取り扱う水野染工場「日比谷オクロジ店」
- 世界中を、感動で染める -
水野染工場では印染商品を中心に、図案から染色、縫製までを一貫して制作。様々な伝統技法を用いて、お客様の「想い」に寄り添う商品をひとつひとつ、心を込めて染め上げます。

日比谷オクロジ店

水野染工場「日比谷オクロジ店」では、手ぬぐい、半纏、旗・・・など、フルオーダー製品のお悩みやご不安な点などを、直接ご相談いただけます。
また、各種藍染製品、染物体験(予約制)などもご用意しておりますので、ぜひ染物をお手に取ってご体感ください。
    水野染工場「日比谷オクロジ店」
  • 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目7-1 JR高架下
  • ・JR有楽町駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・JR新橋駅 日比谷口 徒歩6分
  • ・東京メトロ銀座駅 徒歩6分
  • ・東京メトロ日比谷駅 徒歩6分
  • ・都営地下鉄内幸町駅 徒歩5分

藍で人と自然を結び、藍で人と人が繋がり、藍で楽しむ

藍染体験ができる「藍染結の杜」
- 世界中が、藍を楽しむ -
自然豊かな美瑛町で、原料となる藍の栽培から藍染を行い、人と自然を藍で結びたい。そして美瑛町の景色にある美瑛ブルーと藍染の色合いが重なり合い、伝統的な美しさを新しいカタチで表現していきます。

藍染結の杜

藍染結の杜には、藍染体験(予約制)、各種藍染製品のショップ、藍茶が飲めるカフェがあります。
北海道美瑛町の絶景を一望できる丘が敷地内にあり、写真スポットとしてもお勧めです。
<
    藍染結の杜(あいぞめゆいのもり)
  • 〒071-0474 北海道上川郡美瑛町字拓進(拓真館前)
  • ・JR美瑛駅から車で約15分、レンタサイクルで約40分​
  • ・旭川空港から車で約30分
  • ・JR旭川駅前から車で約45分

各種印染製品のオーダーメイドについて

水野染工場では、半纏(法被)、暖簾、大漁旗、幟、社旗、旗(フラッグ)など、各種印染製品のオーダーメイドを承っております。
>>商品一覧を見る
オーダーメイドに関するご相談は下記よりお願いいたします。

関連商品・おすすめ商品

コラムを商品別で探す