半纏・法被の

お問合せ手順

<初めての方へ>

お問合せからご注文、発送までの流れをご説明。お気軽にお問合せください。

生地サンプル

無料送付サービス

<半纏・法被用>

営業日・休日について

営業時間 9:00~18:00

営業日カレンダー

※受注・お問い合わせメール、FAXなどの受付は年中無休ですが、当社からの受注確認、ご返答メール、FAXは営業時間帯でのご対応となります。ご了承下さい。

半纏・法被の生地・よさこい衣装生地

ホーム » 半纏・法被 » 生地について » 刺子(刺し子)生地について

刺子生地について

刺子(さしこ)を使用した半纏・法被をお作りしております。
刺子は、綿糸を交互に織った厚手の綿生地です。印染業界では元来、火の粉が多少飛んできても穴が空かないことから、刺子を消防(火消し)半纏用生地として使用しております。

冬場のお祭りに、半纏・法被の上から着る被布半纏・被布コートに使用されることもあります。
また、厚手生地で半纏・法被の制作をご希望されるお客様が、刺子をご使用する場合もございます。

当社では基本的に、一本刺子、一重刺子、二重刺子、白刺子の4種類をご用意しております。

刺子生地について

  • 一本刺子
    一本刺子
  • 一重・二重刺子
    二重刺子
  • 白刺子
    白刺子

■一本刺子について

比較的厚手の生地に、黒糸を入れた生地です。
一重刺子、二重刺子よりも薄いです。

■一重刺子について

二重刺子よりも薄く、柔らかい生地です。
見た目は二重刺子とほぼ同じです。

■二重刺子について

黒糸と白糸を交互に織った厚手生地で、従来の消防半纏生地でもあります。

■白刺子について

白い刺子生地です。
刺子生地で淡い色のデザインを表現したい場合にお勧めです。

一本、一重、二重刺子生地への染色について

黒糸の部分には染色されませんので、予めご了承下さい。
また、日向箇所(白抜き箇所)は、黒糸がそのまま残った状態になります。
掲載の事例画像をご参照下さい。

  • 一本刺子の染色事例
    一本刺子の染色事例
  • 一重、二重刺子の染色事例
    一重、二重刺子の染色事例
  • 日向(白抜き)個所の事例
    日向(白抜き)個所の事例
    (一重、二重刺子)
  • ※細かい文字や大紋、淡い色など、デザインの内容によって、黒糸の部分が無い「白刺子」をご提案致します。
  • ※上記説明文と右掲載画像は、弊社で取扱している刺子生地についての説明と事例画像です。予めご了承下さい。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

デザイン、生地、染め方、仕立て方など様々な専門用語が飛び交います。弊社がこれまで培った経験・伝統を基にご説明させて頂きます。

半纏・法被・よさこい衣装のオーダーメイド承ります

半纏、法被、よさこい衣装などの祭り衣装をオーダーメイド致します。
職人が一点一点丁寧に綿生地を染色する「本染め」や、軽量で動きやすくシワになり難いポリエステル生地に吹付で染色する「分散昇華染め」など、様々な染色技法を駆使して、お客様の要望に合った半纏、法被、よさこい衣装をお作りします。
お気軽にお問合せください。

半纏と法被の違いと表記について

歴史的な観点から諸説が色々ありますが、江戸時代末期から区別がなくなっているというのが有力な説で、現在の一般的な見解では、「法被=印半纏」のようです。詳しくはこちらをご参照ください。>> 半纏と法被の違いについて

弊社では、基本的に半纏と法被を同じものとしてご案内しております。制作事例での表記につきましては、お客様から頂戴したコメントで使用されている言い方や、お問合せ時、製作時に使用している言い方で記載しております。予めご了承ください。

祭り用品通販、和装オーダー製作販売

手拭いのオーダーメイド通販を承ります

手拭いのオリジナルオーダーメイドを30枚から承ります。校正デザイン、生地見本を無料でご案内致します。

営業日・休日について

営業時間 9:00~18:00

営業日カレンダー

※受注・お問い合わせメール、FAXなどの受付は年中無休ですが、当社からの受注確認、ご返答メール、FAXは営業時間帯でのご対応となります。ご了承下さい。

Information