半纏・法被の

お問合せ手順

<初めての方へ>

お問合せからご注文、発送までの流れをご説明。お気軽にお問合せください。

生地サンプル

無料送付サービス

<半纏・法被用>

営業日・休日について

営業時間 9:00~18:00

営業日カレンダー

※受注・お問い合わせメール、FAXなどの受付は年中無休ですが、当社からの受注確認、ご返答メール、FAXは営業時間帯でのご対応となります。ご了承下さい。

半纏・法被の製造工程

ホーム » 半纏・法被 » 半纏・法被の作り方・製作工程 » 顔料捺染(顔料プリント)

引染の製造工程

顔料
当社の顔料半纏(がんりょうはんてん)とは・・・
当社で仕立てた12色の無地半纏に、顔料で背紋(大紋)をお入れします。
※衿は、本染めになります。※茶ソロバン柄の袖口をお付けします。
顔料半纏を製作する場合、工程は大きく分けて、型作り仕立て衿染め顔料捺染仕上げとなります。

作業工程1.「型づくり」-かたづくり-

型作り1

お客様に、ご注文内容の校正デザインを確認していただいた後、下絵を作成していきます。
下絵に基づき、型を作っていきます。

矢印

作業工程2.「仕立て」-したて-

仕立て1

衿無しの半纏を仕立てます。
当社標準の仕立て方になります。
茶ソロバン柄の袖口裏をお付けします。
(左画像の小さい写真は、袖口を裏返した状態です。)

矢印

作業工程3.「衿 本染め」-えり ほんぞめ-

本染め1

衿は、本染め(反応捺染)でお作りしています。
衿は擦れによって色落ちしやすい箇所です。
顔料による名入れは、摩擦に弱く色落ちしやすいため、当社では衿だけは本染め(反応捺染)にてお作りしています。
当社顔料半纏の「こだわり」の1つです。

矢印

作業工程4.「顔料捺染(プリント)」-がんりょうなせん-

顔料捺染1

顔料で、衿の付いていない半纏の背中に大紋を入れます。
スキージと呼ばれるヘラのようなもので、顔料をのせていきます。
色は、白または黒の2色からお選び頂けます。

矢印

作業工程5.「仕立て」-したて-

仕立て2

最後に本染めした衿を半纏に取り付けます。
仕立てた後、丁寧にアイロンをかけ、梱包してお客様に発送致します。
完成図

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

デザイン、生地、染め方、仕立て方など様々な専門用語が飛び交います。弊社がこれまで培った経験・伝統を基にご説明させて頂きます。

半纏・法被・よさこい衣装のオーダーメイド承ります

半纏、法被、よさこい衣装などの祭り衣装をオーダーメイド致します。
職人が一点一点丁寧に綿生地を染色する「本染め」や、軽量で動きやすくシワになり難いポリエステル生地に吹付で染色する「分散昇華染め」など、様々な染色技法を駆使して、お客様の要望に合った半纏、法被、よさこい衣装をお作りします。
お気軽にお問合せください。

半纏と法被の違いと表記について

歴史的な観点から諸説が色々ありますが、江戸時代末期から区別がなくなっているというのが有力な説で、現在の一般的な見解では、「法被=印半纏」のようです。詳しくはこちらをご参照ください。>> 半纏と法被の違いについて

弊社では、基本的に半纏と法被を同じものとしてご案内しております。制作事例での表記につきましては、お客様から頂戴したコメントで使用されている言い方や、お問合せ時、製作時に使用している言い方で記載しております。予めご了承ください。

祭り用品通販、和装オーダー製作販売

手拭いのオーダーメイド通販を承ります

手拭いのオリジナルオーダーメイドを30枚から承ります。校正デザイン、生地見本を無料でご案内致します。

営業日・休日について

営業時間 9:00~18:00

営業日カレンダー

※受注・お問い合わせメール、FAXなどの受付は年中無休ですが、当社からの受注確認、ご返答メール、FAXは営業時間帯でのご対応となります。ご了承下さい。

Information