お家で作る半纏、法被

家で半纏を作る場合
半纏には、「マチ」や「オクミ」がありません。
裁縫経験のある方でしたら、ご家庭で半纏を作ることができます。
背紋(大紋)や衿への名入れは、市販されているアイロンプリント用紙をお試し下さい。
工程は大きく分けて、仕立てアイロンプリントとなります。
※当社では、アイロンプリントによる半纏・法被は、製作しておりません。予めご了承下さい。
※本ページはあくまでも、ご家庭で半纏・法被を作りたいと考えられているお客様のための参考ページです。
作業工程1
仕立て1
矢印
仕立て2
矢印
仕立て3
裁断-半纏の各部分-
作りたいサイズの枚数分の生地を用意します。
1枚分につき、(身丈+縫代)×2+(袖付+縫代)×2の長さがある広幅生地が必要です。
※縫代は各端3cmとし、両端分で6cmとします。
大人Lサイズの場合・・・
身巾=66cm、身丈=80cm、袖付=28cmなので、
(80cm+6cm)×2+(28cm+3cm)×2=234cmの長さの広幅生地が必要となります。
※サイズに関しましては、半纏/法被の寸法をご参照下さい。
必要な分の生地が用意できましたら、身頃(本体)と袖のパーツを裁断します。
衿に同じ生地を使用する場合は、「衿巾×2+縫代分の幅」と「身丈+15cm×2の長さ」の生地を裁断しておきます。
※縫代は各端1.5cmとし、両端分で3cmとします。
通常、衿巾は6cmなので、
6cm×2+3cm=15cmの幅で(80cm+15cm)×2=190cmの長さの生地を裁断しておきます。
展開図
矢印
仕立て4
矢印
仕立て5
矢印
仕立て6
矢印
アイロン掛け
縫製-半纏を仕立てる-
各パーツに裁断した生地の端が解れないようにロックミシンをかけます。
※ロックミシンをお持ちでない場合は、家庭用ミシンについているジグザグ機能をご活用下さい。
ロックをかけましたら、各パーツを縫っていきます。
まずは、袖を縫います。
袖口裏を付けない場合は、三つ巻に縫います。
※袖口裏を付ける場合は、予め袖口裏部分にお好みの布を縫い合わせておいて下さい。
次に、縫った袖と身頃(本体)部分になる生地を縫い合わせます。
袖山と身頃の肩山を合わせて縫います。
袖と身頃を縫い合わせたら、袖付から裾までの脇下を縫います。
両袖、両脇を縫い合わせたら、裾を三つ折に縫います。
この段階で、衿の無い半纏の形になります。
次に、衿を縫い付けます。
予め身頃に衿付けするための目安を折っておき、衿も仕立てやすくなるようにアイロンで衿の形を作っておくと取り付け易いです。
衿を縫い付けたら、半纏の仕立てが完了です。
仕立て8
■袖の形、衿の仕立て方、背縫い(背摘み)などについてはこちらをご参照下さい。>>半纏・法被の仕立て方について
矢印
アイロン掛け1
アイロン掛け2
矢印
アイロン掛け3
アイロンプリント-背紋・衿名入れ-
背紋や衿に入れる内容を、市販されているアイロンプリント用紙にプリントアウトします。
プリントアウトしたものを、仕立てた半纏にアイロンプリントして完成です。
完成図
※当社では、アイロンプリントによる半纏・法被は、製作しておりません。予めご了承下さい。
※本ページはあくまでも、ご家庭で半纏・法被を作りたいと考えられているお客様のための参考ページです。

半纏・法被・よさこい衣装のオーダーメイド承ります

半纏、法被、よさこい衣装などの祭り衣装をオーダーメイド致します。
職人が一点一点丁寧に綿生地を染色する「本染め」や、軽量で動きやすくシワになり難いポリエステル生地に吹付で染色する「分散昇華染め」など、様々な染色技法を駆使して、お客様の要望に合った半纏、法被、よさこい衣装をお作りします。
お気軽にお問合せください。
よさこい衣装の製作販売
よさこい衣装を染色からお作りします
神輿半纏、神輿衣装の製作販売
粋な神輿半纏をお作りします
祭り半纏・祭り法被のオーダーメイド通販
本染め半纏、法被をお作りします
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。
デザイン、生地、染め方、仕立て方など様々な専門用語が飛び交います。
弊社がこれまで培った経験・伝統を基にご説明させて頂きます。
電話でのお問合せ
電話お問い合わせ
営業時間内でのご対応となります。
メールでのお問合せ
メールフォームの利用
必要項目をご入力の上、送信して下さい
FAXでのお問合せ
専用FAX・郵送用紙の利用
プリントアウトしてご活用下さい